学級レク「ヌメロン」~相手のナンバーを推理して当てろ!~

概要:互いに設定した3ケタの番号を、ヒントから推理して先に当てた方の勝ち!


こんにちは、小学校教員のサンソンです。楽しい毎日を過ごしていますか?前回の「ドット&ボックス」に引き続き、今回も2人で楽しめる紙ペンゲームを紹介します。今回のゲームは「ヌメロン」(またはホームランゲーム)と言います。


こちらのゲーム、運要素は少なめ(ゼロではない)で戦略、推理、そして心理戦が楽しめるものになっています。遊びながら脳トレにもなりますので、授業のちょっとしたスキマ時間にもぜひどうぞ!



また、いろいろなレクをシーン別に厳選している「レク5選」の記事も書いています。合わせてお読みいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

遊び方

対象:小学校中学年~
人数:2人
場所:どこでも
時間:5分~10分
準備:紙とペン

①相手に分からないよう、3ケタの数字を決めて紙に書きます。738や916など。(121など同じ数字を2回使うことはできません)


②先攻後攻を決め、順番に3ケタの数字を言い合います。その際、相手がコールした数字に対して、どの程度合っていたかのヒントを以下のように伝えます。

(1)数字も場所も合っていたら「EAT」(イート)
(2)数字のみ合っていて場所は違うときは「BITE」(バイト)


例:自分の設定した数字が「738」で、相手がコールした数字が「345」の場合、3という数字は入っているが場所が違うので「0EAT-1BITE」と相手に伝えます。「791」と言われたときは「1EAT-1BITE」です。


③これを順番に繰り返し、先に相手の数字を当てた方の勝ちです!(先攻の人が当てた場合、後攻の人にラストチャンスあり。当てれば引き分け)


スポンサーリンク

ポイント

①闇雲に数字をコールしていくだけでは、楽しめません。メモ用紙を用意し、コールした数字や帰ってきた反応をメモしましょう。そして、その情報を元にどれがEATでどれがBITEなのかを推測するのが楽しいのです。


例えば、456とコールして1EAT-1BITEと帰ってきた場合


456のどれかは数字も場所も合っている。けれど数字だけ合っているものも1つある。3つの数字を入れ替えて2EATを狙ってみるか、それとも457にして6が正しいかどうかを確認してみるか、はたまたでまったく別の数字987あたりを確認してみるか…。

「457」  1EAT-0BITE

EATはそのままでBITEが減った!つまり7はハズレで、6は1番目か2番目確定。4か5のうちどちらかがEATで、もうひとつは0,1,2,3,8,9のうち1つに当たりがある

こんな感じで考えられると、とても楽しくなります。もちろん、オンラインでも楽しむことができますね!

②EAT,BITEの宣言は正確に!ここを間違えて申告してしまうと、公平なゲームが成立しません。間違いに気づいた時点で訂正するか、ノーゲーム、または反則負けとしましょう。


③EAT,BITEという表現が難しければ、ゲーム名をホームランゲームとして、「ホームラン、ヒット」を使うと分かりやすいと思います。


④慣れてきたら、4ケタや5ケタでも遊ぶことができます!やりごたえありますよ。


⑤紙ペンだけでやっても楽しいですが、同様のルールで色を当て合うボードゲームもありますよ。知育玩具として、いかがでしょうか。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?紙とペンだけで2人対戦を楽しめる「ヌメロン」を紹介しました。クラスでトーナメント戦を開いたり、グループ対抗で団体戦をしたりするのも盛り上がりますよ。楽しんでいただけたらと思います。

また、遊ぶだけではなくレクを通じて学級を安定させたいという先生にオススメなのが「五色百人一首」。1日3分でできて効果が高い活動で、僕も毎年取り組んでいます。もはや学級経営に欠かせない取り組みです!下記の記事にまとめてありますので、ぜひご覧ください。



では、最後にお知らせをさせてください。

「ちょっとイジワルだけど子供に大うけする  謎解きミステリークイズ BEST16」

という電子書籍を出版しています。

通常価格480円ですが、

Amazon Kindle unlimitedに登録していると無料で読むことができます。


しかも、今なら1ヵ月無料で登録することができます。

もちろん1ヵ月以内に解約したら、1円もかかりません。

小説やビジネス書、教育書もけっこうな数が無料で読むことができますよ。

専用の電子書籍リーダー(Kindle paperwhite等)がなくても、お手持ちのスマホやタブレットから気軽に読むことができます。

紙の本と違って、どこにでも簡単に持ち運べてちょっとしたスキマ時間にも読むことができるのが電子書籍のいいところ。

どんどん本を読み、知識を増やしていきましょう。身に着けた読書習慣は、きっと人生にも大きく影響するはずです。ぜひこの機会に登録してみてください。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

ぜひ、Twitterのフォローもよろしくお願いします。Twitterでは「#学級レク」のタグで、毎日レクの紹介をしています。また、新しいブログ記事の投稿もツイートでお知らせします!
Twitterはこちら

感想等もシェアしてもらえると嬉しいです!!!それでは、「レクで学級をHappyに!」

おすすめ書籍の紹介

1.「教職1年目の学級あそび大全」
 僕も執筆者の一人として参加しています!テーマ別に142ものレクが載っていますので、初任者さんはとりあえずこれ1冊あればしばらくレクには困らないかもしれません。




2.「よくわかる学級ファシリテーション①―かかわりスキル編― (信頼ベースのクラスをつくる)」
 ボクの教育感の礎になっていると言っても過言ではない本。若手のころから、何度も繰り返し読んでいます。クラス経営についてがメインですが、役立つゲームも載っています。レクだけでなく学級経営も知りたい方に。




3.「楽しみながら信頼関係を築くゲーム集 (プロジェクトアドベンチャーでクラスづくり)」
 プロジェクトアドベンチャー(PA)って知っていますか?僕の「レクで学級をHappyに」というモットーは、このPAを体験したり学んだりしたことから生まれました。楽しいだけでなく、楽しみながら学級経営につなげていくことができますよ。




4.「クラス全員がひとつになる学級ゲーム&アクティビティ100」
 こちらもプロジェクトアドベンチャーの手法を使ったゲーム集。イラストが豊富で見やすいですし、めあてや振り返りの視点、方法などについても分かりやすく解説してくれています。

 
この記事を書いた人
サンソン

「遊びの力は学びの力!」がモットー

 野外教育ゼミ→キャンプ&スキーインストラクター→小学校教員。このブログでは教員、大学生、保育士さん向けにレクリエーションを紹介していきます。

 2022年「みんなが楽しい学校レクリエーション 全点動画付き」全4巻出版。子供が見るために特化し、点数をしぼって分かりやすく紹介しています。

 Twitterのフォロワーさんは1万人越え。よろしければフォローお願いします。

サンソンをフォローする
5分でできるオンラインOK休み時間
スポンサーリンク
サンソンをフォローする
サンソンの「レクで学級をHappyに!」
タイトルとURLをコピーしました