教室で、準備なし&5分でできるレク5選!

5分でできるレク

「授業が5分早く終わってしまった!どうしよう」教員あるあるですが、そんな時こそレクをすることをおすすめします。


こんにちは、小学校教員のサンソン(@oakleyfreak1)です。このブログでは小中学校の教員、大学生、保育士の方々に向けて、レクリエーションの発信をしています。

サンソン
サンソン

「やることがしっかり終われば楽しいことができる。」そういう経験を積ませていくと、学級の安定につながりますよ。



 さて前回は、授業が早めに終わった時に手軽にできる「紙とペンだけで楽しめるレク」を紹介しました。今回はそれすらも使わない、準備なし&その場ですぐにできるレクを厳選して5つ紹介します!朝の会や帰りの会で、さっと時間をつくって遊ぶのもおすすめですよ!

スポンサーリンク

ジャンケンチャンピオン

人数 10人ぐらい~1クラス全員でOK
時間 1分~5分

シンプルイズベスト!担任vs全員のジャンケン大会
●遊び方●


①「全員起立!クラスで一番運がいい人を決めます。勝った人だけ残ってね。負けとあいこは座ります。」


②次々座っていく中で一人だけ残ったら
「チャンピオンに拍手〜!じゃあ次は、先生と気が合う人を決めまーす。あいこの人だけが残ってね。」
→「すごいね、テレパシーが使えるのかな?気持ちが通じ合ったね!拍手~」


③「最後はクラスで一番優しい人を決めまーす。ボクに負けてくれた人だけ残ってね」→先生を勝たせてくれてありがとう、拍手~。



僕は毎日、帰りの挨拶の時に「ジャンケン占い」としてこのレクを行っています。今日のみんなは運がいいかな?先生と気が合うかな?優しい気持ちになれる日かな?と言って行うことで、楽しい気持ちで下校させることができますよ。

スポンサーリンク

宝物はなに?

人数 10人ぐらい~1クラス全員でOK
時間 3分~5分

みんなで決めた宝物を、拍手の強さで伝える
●遊び方●


①オニを一人決め、廊下で待ってもらいましょう。その間に、教室にある物の中から「宝物」を決めます。(例えば、黒板消し)


②オニは宝物を探して教室を歩き回ります。みんなはオニが宝物に近づいたら強く拍手、遠ざかったら弱く拍手をして伝えましょう。


③オニは拍手の強弱をヒントに宝物を当てます。チャンスは3回。



みんなで宝物を決める時のわくわく感が気に入っているレクです。何度かやっているとすごく小さいもの(チョーク1本とか)を指定してきます(笑)


オニも楽しいですが、拍手をする方もオニが右往左往するところを見て楽しめますよ。オニにいじわるするレクではなくて協力型レクなので無事に正解したら、みんなで喜び合いましょう。

スポンサーリンク

ギョウザジャンケン

人数 3人~1クラス全員でOK
時間 3分~5分

3人組でグーチョキパーのアイコを目指す
●遊び方●


①3人組でジャンケンをして、ギョウザを作ります。グーが「お肉」、チョキは「ニラ」、パーは「皮」です。


②グループで出したジャンケンの手が、3種類そろったら全員で「いただきまーす」と言ってクリア。グーだけだったら「肉しかなーい」、パーがなかったら「皮がなーい」などと叫びます。

③成功しても失敗しても、グループを変えてどんどんチャレンジしましょう。時間内にいくつのギョウザが食べられるでしょうか。



アイコを目指すだけのジャンケンなのに、こんなに盛り上がるのは何故なのでしょうか(笑)そこらじゅうで「肉がなーい!!」「ニラしかなーいwww」という笑い声が響きます。クラスの人数が3で割り切れなくても大丈夫。次々と3人組を入れ替えて行うようにすれば、ずっと余ってしまう子はできません。


ギョウザ以外にもチーズバーガーとかアップルパイとか、アレンジは無限大!ぜひオリジナルのジャンケンを考えてみてくださいね。

No,1よりオンリーワン

人数 10人ぐらい~1クラス全員でOK
時間 3分~5分

たった一人の「Yes!」を目指す
●遊び方●


①「YES」と答える人がクラスで一人だけになるような質問を考えます。


②思いついた人が前に出て質問します。 例「ハワイに行ったことがある人?」


③質問に該当する人が挙手します。手を挙げたのがただ 1人だけだったら、質問者と回答者にみんなで喝采を浴びせます。



もちろん、手を挙げる人が嫌な気持ちになるような質問は禁止ですよ?
昔、「笑っていいとも!」という番組では「1/100アンケート」と言って100人中1人を探すゲームをしていました。懐かしく思う方も多いのではないでしょうか。

歌ってイントロクイズ

人数 10人ぐらい~1クラス全員でOK
時間 3分~5分

音源なしでもイントロクイズはできちゃいます!
●遊び方●


① 出題者を決めます。歌のイントロ(またはサビの入り)を三文字程度だけ歌います(鼻歌でもOK)
例:残酷な天使のテーゼ→「ざー」  Hero→「きみだー」 パプリカ→「まがり」


②答えが分かった人は手を挙げて答えます。多ければ「せーの」で答えてもよいでしょう。




これだけです!事前準備もいらないし、みんなが出題者になれるので、音源があるより盛り上がるかもしれません。答えが出た後はみんなで歌っちゃうのも楽しいです!

まとめ

いかがだったでしょうか。ちょっとしたスキマ時間に、楽しいレクをやって楽しむのは学級経営的にもおすすめです。

なぜなら、「始まる時間を守ったり、がんばって取り組んだりすれば楽しいことができる」ということを経験で学ぶからです。子供は良くも悪くも経験で学びます。

簡単で楽しいレク。レパートリーに加えていただけたらと思います。


では、最後にお知らせをさせてください。

「ちょっとイジワルだけど子供に大うけする  謎解きミステリークイズ BEST16」

という電子書籍を出版しています。

通常価格480円ですが、

Amazon Kindle unlimitedに登録していると無料で読むことができます。


しかも、今なら1ヵ月無料で登録することができます。

もちろん1ヵ月以内に解約したら、1円もかかりません。

小説やビジネス書、教育書もけっこうな数が無料で読むことができますよ。

専用の電子書籍リーダー(Kindle paperwhite等)がなくても、お手持ちのスマホやタブレットから気軽に読むことができます。

紙の本と違って、どこにでも簡単に持ち運べてちょっとしたスキマ時間にも読むことができるのが電子書籍のいいところ。

どんどん本を読み、知識を増やしていきましょう。身に着けた読書習慣は、きっと人生にも大きく影響するはずです。ぜひこの機会に登録してみてください。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

ぜひ、Twitterのフォローもよろしくお願いします。Twitterでは「#学級レク」のタグで、毎日レクの紹介をしています。また、新しいブログ記事の投稿もツイートでお知らせします!
Twitterはこちら

感想等もシェアしてもらえると嬉しいです!!!それでは、「レクで学級をHappyに!」

おすすめ書籍の紹介

1.「教職1年目の学級あそび大全」
 僕も執筆者の一人として参加しています!テーマ別に142ものレクが載っていますので、初任者さんはとりあえずこれ1冊あればしばらくレクには困らないかもしれません。




2.「よくわかる学級ファシリテーション①―かかわりスキル編― (信頼ベースのクラスをつくる)」
 ボクの教育感の礎になっていると言っても過言ではない本。若手のころから、何度も繰り返し読んでいます。クラス経営についてがメインですが、役立つゲームも載っています。レクだけでなく学級経営も知りたい方に。




3.「楽しみながら信頼関係を築くゲーム集 (プロジェクトアドベンチャーでクラスづくり)」
 プロジェクトアドベンチャー(PA)って知っていますか?僕の「レクで学級をHappyに」というモットーは、このPAを体験したり学んだりしたことから生まれました。楽しいだけでなく、楽しみながら学級経営につなげていくことができますよ。




4.「クラス全員がひとつになる学級ゲーム&アクティビティ100」
 こちらもプロジェクトアドベンチャーの手法を使ったゲーム集。イラストが豊富で見やすいですし、めあてや振り返りの視点、方法などについても分かりやすく解説してくれています。

 
この記事を書いた人
サンソン

「遊びの力は学びの力!」がモットー

 野外教育ゼミ→キャンプ&スキーインストラクター→小学校教員。このブログでは教員、大学生、保育士さん向けにレクリエーションを紹介していきます。

 2022年「みんなが楽しい学校レクリエーション 全点動画付き」全4巻出版。子供が見るために特化し、点数をしぼって分かりやすく紹介しています。

 Twitterのフォロワーさんは1万人越え。よろしければフォローお願いします。

サンソンをフォローする
5分でできるアイスブレイク、学級開き休み時間厳選レク5選
スポンサーリンク
サンソンをフォローする
サンソンの「レクで学級をHappyに!」
タイトルとURLをコピーしました