4月の学級開きにおすすめのレク5選!

もうすぐ新しい学年が始まる4月ですね。クラス替えがある学級も多いのではないでしょうか。新しい担任の先生、新しい友達関係。子供達は不安や緊張、そして新しい1年への期待に満ちています。なるべく早く、緊張をほぐしたいですよね。

こんにちは、小学校教員のサンソンです。楽しい毎日を過ごしていますか?今回は4月の学級開きにおすすめのレクを集めました。楽しみながら友達の名前や好きなものを覚えたり、先生のことを知ることができたり。授業規律につながるものもあり、温かい雰囲気のクラスづくりに役立ちます!参考になれば幸いです。

当ブログでは、これ以外にもたくさんのレクリエーションを紹介しています。以下のようにジャンル別、シーン別になっていますので、ぜひのぞいてみてください。

スポンサーリンク

ネームパス

概要:パスしたりパスをもらったりしたら、相手の名前を呼ぶゲームです

対象:小学校低学年~
人数:1グループ10人ぐらいまで
場所:教室
時間:10分~15分
準備:柔らかいボール(ぬいぐるみでも可)数個

遊び方

①柔らかめのボールやぬいぐるみを数個用意しましょう。少し小さめのボールのほうがやりやすいです。10人くらいまでの輪になります。

②「○○さん、私は△△です」と、 声をかけながらパスします。受け取ったら「△△さんありがとう。私は○○です」と互いの名前を呼び合って確認します。そしてまた別の人の名前を呼んでパスし、、、というのを繰り返します。

③慣れてきたらボールを増やして同時に進めましょう。そこら中で名前が嵐のように飛び交って楽しいです。別のボールを見ていて気付かないことがあるので、投げる前に必ず声掛けをすることを約束しておきましょう。(必要があれば手を振って、気づいてもらいましょう。)

④クラスの人数が多ければ、頃合いを見てグループをシャッフルしましょう。1時間もあれば全員の名前は覚えてしまいます。

バリエーション
教室を飛び出して、校庭や体育館へ!自由に走り回りながらバスケットボールのパス回しのように、パスしてみましょう!もちろん、名前を呼ぶことを忘れずに。

ポイント

・投げたい相手の名前が分からなければ、教えてもらうようにしましょう。「えっと、お名前何でしたっけ?」という感じで。名前を覚えるのが目的ですから、知っている人ばかりにパスをするのではなく、分からなければどんどん聞いていいのだと話しておきます。ちょっとした勇気やチャレンジ精神も培われますね。

・準備のところにも書きましたが、ボールではなくぬいぐるみで行うのは個人的におすすめです。かわいいぬいぐるみたちが飛び交っている様子を見るのは楽しいですよ!もし床に落ちてしまったら「あー!ペンギンさんがぁぁ!」などと大げさに反応してあげると笑いも生まれます。

・クラスの雰囲気にもよりますが、必要に応じて「2回に1回は異性に投げる」「昨年同じクラスだった人には投げない」「同じ人には2回投げない」などルールを工夫してみてください。

スポンサーリンク

マイフェイバリット

概要:「名前」と「好きなもの」を言う自己紹介で、リレーをするゲームです

対象:小学校低学年~
人数:クラス全員でOK
場所:教室
時間:10分~15分
準備:特になし

遊び方

①全員で輪になって一人ずつ順番に「好きな事+名前」を言っていきます。終わったら拍手をして、次の人へ。
例「スキーが好きなサンソンです。よろしくお願いします」(拍手)
→「動物が好きなマリーです。よろしくお願いします。」(拍手)
→「飛行機が好きなジャンです。よろしくお願いします。」(拍手)
以下、同様に続けます


②自己紹介が1周したら2周目へいきます。その時、別の好きな事+名前を言います。さらに、「よろしく」や拍手は省略してスピードアップしましょう!
例「読書が好きなサンソンです。」
→「ケーキが好きなマリーです。」
→「理科が好きなジャンです。」

③さらに3周目。2周目と同様に、さらに別の好きなこと+名前を言います。
例「ボードゲームが好きなサンソンです」
→「アニメが好きなマリーです。」
→「ハンバーガーが好きなジャンです。」

④さあ、ここまでは練習(笑)
最後は、今まで話した好きなことの中から一つ選んで言っていきます。ただし「好きな」とか「です」も省略してさらに短くします!
例「スキー、サンソン!」→「ケーキ、マリー」→「飛行機、ジャン」

ポイント

・遊び方の④で自己紹介をした際、はじめの一周目に何秒かかったか、こっそり測っておきましょう。そして、目標タイムを決めて何秒で一周できるかタイムアタックしてみましょう。繰り返し挑戦しているうちに、いつの間にかお互いの名前や好みまで覚えちゃってますよ。

・3つの好きなことを順番に全て言う(3周する)タイムを計るのもおすすめです!

・好きなことがぱっと思いつかない子もいるかもしれません。そんな時は「何でもいいですよ」「好きな食べ物とか好きな色はどう?」などの声をかけてあげましょう。

・このレクが終わったあとしばらく、授業中に指名する時に「はいそれでは、動物が好きなマリーさん」のように呼んでみるのも面白いです。

スポンサーリンク

となりのとなり

概要:一人ずつ自己紹介。ただし、今までの人の名前を全部言ってから自分の分を言わなければならない

対象:小学校中学年~
人数:20人ぐらいまで(それ以上なら2つに分ける)
場所:教室
時間:15分~20分
準備:特になし

遊び方

①全員で輪になり、スタートの人を決めます。まずスタートの人が自己紹介をします。
(例:サンソンです)

②2人目は「(1人目の名前)のとなりの(自分の名前)です」と自己紹介します。
(サンソンさんのとなりの、マリーです)

③3人目以降も同様に、自分より前に自己紹介した人の名前を全員分言った後に、自分の名前を加えて伝えていきます。
(サンソンさんのとなりの、マリーさんのとなりの、ジャンです)

後になればなるほど、どんどん長くなり難易度アップ!でもどこかで止まってしまったときは、周りの人が教えてあげましょう!助け合いの精神が大切です!!勝ち負けなんてないので、忘れてしまっても気にしないで。みんなの名前を反復して何度も聞くので、すぐに名前を覚えてしまいますよ。

ポイント

・やってみると分かりますが、後半になると一発で言うのはかなり難しいです。だから、分からない人を馬鹿にするのではなく「みんなで助け合う」雰囲気にもっていきましょう。止まってしまったときに、そっと教えてくれた子を「〇〇さんありがとう」と価値づけてあげます。

レクが終わったあとには「振り返り」をするのおすすめです。「Aさん、かなり長く言わなきゃいけなかったけど、止まっちゃった時どう思った?」「教えてもらえてどんな気持ちがした?」「最後、言いきれたときはどんな気持ちだった?」というように聞いてみてもいいですし、一人ひとりに感想を書かせてもいいでしょう。(楽しかっただけで終わらない)

・基本の遊び方ができたら、バリエーションを変えて遊んでみてください。さらに難易度が上がり、「教え合い」がなければクリア不可能では?というようなレベルになってきます。

●バリエーション1●
①自己紹介をするとき、同時に何かのポーズをするようにします。
(サムズアップ、腕組み、ピース、ガッツポーズ、ライダーの変身ポーズ、コマネチ、シェー、などなんでもOK)
②名前と同時に、ポーズも真似しながら伝えていきます。
例「サンソンです(サムズアップ)→
 「サンソンさん(サムズアップ)の隣の、マリーです(手でハート)」

●バリエーション2●
①名前だけでなく、好きなものを一緒に言うようにします。例えば好きな食べ物
例「ハンバーガーが好きなサンソンです」→
 「ハンバーガーが好きなサンソンさんの隣の、マグロが好きなマリーです」
テーマは他にも、好きなスポーツ、アニメ、有名人、教科、テーマ無し(自由)など何でもOK

●バリエーション3●
・上記2つのバリエーションを両方取り入れます。つまり、好きなものを言いながらポーズもつけます。
例「ハンバーガーが好きなサンソンです(腕組みポーズ)」→
 「ハンバーガーが好きなサンソンさん(腕組みポーズ)の隣の、マグロが好きなマリーです(ピースサイン)」

先生ビンゴ

概要:先生の好きだと思うものを選択肢から選んで、ビンゴゲームをします 

対象:小学校低学年~
人数:何人でも
場所:教室
時間:5分~10分
準備:ビンゴ用紙

遊び方

①画像のようなビンゴ用紙を作って配布します(食べ物、スポーツ、TV、アニメ、ゲームなどテーマを決めておくと何度楽しめます)

②子供たちは、先生が好きだと思うものを想像して選んで記入します。

担任は自分の好きな順に発表していきます。1列そろった人は「ビンゴ!!」と宣言します。(ビンゴになった子は先生とハイタッチをするのもいいですね)

④全員がビンゴになった頃に終わります。別のテーマでもう一度やったり、感想を書いたりしましょう。

ポイント

・ランキングを発表するだけでなく、それについてのエピソードも話すようにしましょう!

サ「この中で一番好きなのは……ラグビーです!!」
子「えーーー!!」
サ「ラグビーってどんなスポーツか知っていますか?」「うん。そうそう。人と人がぶつかったりスクラムを組んだりするんだよね。実は先生、高校生の時にラグビーをやっていたんですよ。忘れられないのは、ある試合の時にね・・・・・・」


・せっかくの機会です。担任のことをたくさん知ってもらいましょう!
そしてその日の宿題は、
「おうちの人に担任の先生のことを紹介する」
にしましょう。

きっと、「先生は〇〇が好きなんだよ。なぜかって言うとね・・・」こんな会話が家庭ではずむことでしょう。子供が楽しそうに学校のことや先生のことを話したら、保護者の方の安心にもつながると思います。


・担任の紹介をするだけじゃなく、子供たちの自己紹介に活用するのもおすすめです。選択肢が空欄の用紙を配って、子供達一人ひとりのビンゴ用紙を作ります。

全員分を回収→コピーしましょう!僕はコピー機の「4in1」機能を使って両面印刷することで、1枚の紙に8人分載せてしまいます。朝の会などで1日に数人ずつやることで長く楽しめますし、友達の好きなことが分かって仲良くなるきっかけにもなりますよ!

サイレンス

概要:設定した時間のあいだ、何の音も立てなければクリア!

対象:小学校低学年~
人数:何人でもOK
場所:教室
時間:5分~10分
準備:特になし

遊び方

①「もし授業中に先生が、うるさい!とか、静かにしなさい!ばかり言っていたらどう?うん、いい気分はしないよね。僕もそんなことは言いたくないのです。そこで、みんなで静かをつくる「サイレンス」というゲームをします。

②「このゲームのクリア条件は、みんなで協力して「静かをつくる」ことです。ゲームの間は、せき、くしゃみ、笑い声、机やいすの音など、一切禁止です。みんなで協力してクリアを目指してください。ただし、息を止めるのはナシです。顔を上げて、目も開けておいてくださいね。」

「チャレンジは、レベル1=10秒、レベル2=30秒、レベル3=1分です。まずは10秒からチャレンジしましょう。じゃあ今のうちに、せき、くしゃみ、ゲラゲラ笑い、机バンバン、足ドンドンしておいていいですよ。」

④「はいでは、いきます!よーいスタート!」→成功したら全員で拍手!!

⑤失敗した場合
「残念アウト~!!みんなで『チャチャチャ、ドンマイ』をしましょう。」
チャチャチャ、ドンマイ!(拍手3回→サムズアップ)じゃあもう一回やりますか?OK、よーいスタート!!

ポイント

①チャレンジは多くても1日3回くらいにします。5秒なら5秒、まずはできたことを認めましょう。「たった5秒?」など見捨てるような言葉はかけません。そして次のチャレンジする日を相談します。翌日でも1週間後でも、それまでにクリアできるようにみんなで協力したり楽しく活動したりして力をためようと話します。

②クラスの約束として、担任が手を上げたら「静かをつくる」というルールを決めておくのもおすすめです。
担任が手を挙げる→気づいた人から同じように黙って手を挙げる→全員が気づくまで待つ。
もし気づかない人がいたら、小声でそっと教えてあげるようにします。(そっとというのがポイントです。大声で「静かにして!」などとは言わないように約束しておきます)

③担任の先生は、基本的に子供たちが静かになるまで話し始めないようにします。「静かをつくれれば、いいことがある」という成功体験を重ねるようにしましょう。

始めに気づいて待っている子を待たせるのは1分くらいまでにしましょう。それでも静かをつくれなければ、「まだ完全ではありませんが、長く待っている人がいるので話し始めます」と宣言しましょう。

⑤マイナスの行動に承認は与えないようにしましょう。授業の邪魔をする→担任にかまってもらえる。という体験サイクルから脱却しなければなりません。そんなときは「授業を進めたいから、悪いけど少しの間返事をしないよ。後でゆっくり聞くね」などと話すようにします。

最後に

 いかがでしたか?4月の学級作りに役立つレクを厳選して紹介しました。子供達と先生の信頼関係、子供たち同士の信頼関係。これをどう築いていくか、不安もあることでしょう。ここで挙げたレクが役に立ってくれたら嬉しいです。

では、最後にお知らせをさせてください。

「ちょっとイジワルだけど子供に大うけする  謎解きミステリークイズ BEST16」

という電子書籍を出版しています。

通常価格480円ですが、

Amazon Kindle unlimitedに登録していると無料で読むことができます。


しかも、今なら1ヵ月無料で登録することができます。

もちろん1ヵ月以内に解約したら、1円もかかりません。

小説やビジネス書、教育書もけっこうな数が無料で読むことができますよ。

専用の電子書籍リーダー(Kindle paperwhite等)がなくても、お手持ちのスマホやタブレットから気軽に読むことができます。

紙の本と違って、どこにでも簡単に持ち運べてちょっとしたスキマ時間にも読むことができるのが電子書籍のいいところ。

どんどん本を読み、知識を増やしていきましょう。身に着けた読書習慣は、きっと人生にも大きく影響するはずです。ぜひこの機会に登録してみてください。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

ぜひ、Twitterのフォローもよろしくお願いします。Twitterでは「#学級レク」のタグで、毎日レクの紹介をしています。また、新しいブログ記事の投稿もツイートでお知らせします!
Twitterはこちら

感想等もシェアしてもらえると嬉しいです!!!それでは、「レクで学級をHappyに!」

おすすめ書籍の紹介

1.「教職1年目の学級あそび大全」
 僕も執筆者の一人として参加しています!テーマ別に142ものレクが載っていますので、初任者さんはとりあえずこれ1冊あればしばらくレクには困らないかもしれません。




2.「よくわかる学級ファシリテーション①―かかわりスキル編― (信頼ベースのクラスをつくる)」
 ボクの教育感の礎になっていると言っても過言ではない本。若手のころから、何度も繰り返し読んでいます。クラス経営についてがメインですが、役立つゲームも載っています。レクだけでなく学級経営も知りたい方に。




3.「楽しみながら信頼関係を築くゲーム集 (プロジェクトアドベンチャーでクラスづくり)」
 プロジェクトアドベンチャー(PA)って知っていますか?僕の「レクで学級をHappyに」というモットーは、このPAを体験したり学んだりしたことから生まれました。楽しいだけでなく、楽しみながら学級経営につなげていくことができますよ。




4.「クラス全員がひとつになる学級ゲーム&アクティビティ100」
 こちらもプロジェクトアドベンチャーの手法を使ったゲーム集。イラストが豊富で見やすいですし、めあてや振り返りの視点、方法などについても分かりやすく解説してくれています。

 
この記事を書いた人
サンソン

「遊びの力は学びの力!」がモットー

 野外教育ゼミ→キャンプ&スキーインストラクター→小学校教員。このブログでは教員、大学生、保育士さん向けにレクリエーションを紹介していきます。

 2022年「みんなが楽しい学校レクリエーション 全点動画付き」全4巻出版。子供が見るために特化し、点数をしぼって分かりやすく紹介しています。

 Twitterのフォロワーさんは1万人越え。よろしければフォローお願いします。

サンソンをフォローする
アイスブレイク、学級開き厳選レク5選
スポンサーリンク
サンソンをフォローする
サンソンの「レクで学級をHappyに!」
タイトルとURLをコピーしました