学級レク「ハゲタカのえじき」〜人気カードゲームを学校用にアレンジ〜

ハゲタカのえじき

概要:他の人とバッティングしないように、なるべく大きな数字を出していくゲームです。


算数の学習で「計算カード」に取り組んでいる先生も多いのではないでしょうか。足し算、引き算、かけ算。繰り返し唱えて定着させたいですよね。


さて、この計算カード。コツコツ繰り返すのが苦にならない子もいますが、やはり飽きてくる子がいるのも事実です。そこで今回は、人気カードゲームをアレンジして、授業中にも楽しみながら取り組めるアイデアを紹介します。

サンソン
サンソン

こんにちは、小学校教員のサンソンです。趣味のボードゲームは所有数が100個を超えました!今回は、「ハゲタカのえじき」という人気カードゲームを、授業でも取り組めるようにアレンジして紹介します!

元ネタはこちらのカードゲーム。興味のある方はぜひ!

【このレクの活用シーン】

  • 算数の授業での導入として
  • 雨天時の休み時間に




今回の「ハゲタカのえじき」のほかにも、教室でできるボードゲームをたくさん紹介しています。合わせてご覧いただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

遊び方

ハゲタカのえじき学級版

対象:小学校低学年~
人数:1グループ4~6人程度
場所:教室
時間:5分~
準備:トランプ(1グループにつき、A~9の9枚)、計算カード(各自1セット)



①4〜6人でグループになり、全員同じ種類の計算カード9枚(例:かけ算の9の段)を手札として持ちます。



②A〜9のトランプをシャッフルして、裏向きにして伏せます。 代表者が1枚めくり、出てきた数字がそのラウンドの得点になります。(5が出たら5点)



③全員、手持ちの計算カードから1枚を選び、「せーの」で出します。



④一番大きい数のカードを出した人が、得点用のトランプをもらえます。ただし、一番大きい数が二人以上いた場合は2人ともドボン。次に大きい数の人に権利が移行します。



⑤一度使ったカードはそれ以降使えません。(手持ちのカードがどんどん減っていきます)これを9ラウンド繰り返し、最も得点が多かった人の勝ちです。「高い点は欲しいけど、強いカードは被りそう」というジレンマが楽しいゲームです。

スポンサーリンク

実際の流れ

サンソン
サンソン

これから「ハゲタカのえじき」を始めます。最初の得点は・・・「7」ですね。なかなか高得点カードです。各自、手持ちの計算カードから1枚選んでください。他の人と被ったら、アウトですよ。

マリー
マリー

7かあ。「9✕7=63」ぐらいかなあ

ジャン
ジャン

他の人がかぶってアウトになった時の2位ねらいで、「9✕5=45」にしよう

エレクトラ
エレクトラ

「9✕9=81」を使えば確実に取れるかな?でももったいないし、どうしよう。

ネモ
ネモ

このカードは取れなくてもいいや。一番弱い「9✕1=9」を消費しておこう

マリー
マリー

じゃあいくよー!せーの!!

サンソン
サンソン

マリーさんとエレクトラさんが「9✕7=63」。残念、被ったので2人はアウト。次に大きいのはジャン君の「9✕5=45」ですね。ジャン君の得点です!

ジャン
ジャン

やったあ!狙い通りだ!!じゃあ次行くよー!



いかがでしたか?今回はトランプと計算カードを使った簡易ルールでの紹介ですが、本来は1~15のカードを使って行います。マイナス得点になるカードも入っていて、小さい数字のカードにもいつ使うのかという戦略があります。やってみて面白いと感じた方はぜひ製品版もお試しください!

スポンサーリンク

著書の紹介

電子書籍
「ちょっとイジワルだけど子供に大うけする  謎解きミステリークイズ BEST16」
絶対に盛り上がるバスレク16連発!緑: 遠足、修学旅行のバスをもっと面白く!
絶対に盛り上がるバスレク16連発!赤: 遠足、修学旅行のバスをもっと面白く!

通常価格400円~480円ですが、Amazon Kindle unlimitedに登録していると無料で読むことができます。

登録していない方も、今なら1ヵ月無料で登録することができます。もちろん1ヵ月以内に解約したら費用はかかりません。ぜひこの機会に登録して、読んでみてください。

おススメ記事 ~安定した学級経営を目指そう~

五色百人一首 徹底解説
「五色百人一首 徹底解説!」~初心者向けの導入方法から、大会の開き方まで~
小学校教員におすすめの書籍5選!
小学校教員におすすめの書籍5選!~荒れない学級作りのために~
楽しみながら信頼関係を深める!協力型ゲーム5選
4月の学級開きにおすすめのレク5選!
小学生におすすめの タイピング練習サイト5選
小学生におすすめのタイピング練習サイト5選!!
 
この記事を書いた人

「遊びの力は学びの力!」がモットー

 野外教育ゼミ→キャンプ&スキーインストラクター→小学校教員。このブログでは教員、大学生、保育士さん向けにレクリエーションを紹介していきます。

 2022年「みんなが楽しい学校レクリエーション 全点動画付き」全4巻出版。子供が見るために特化し、点数をしぼって分かりやすく紹介しています。

 Twitterのフォロワーさんは1万人越え。よろしければフォローお願いします。

サンソンをフォローする
レク・ゲーム5分でできる休み時間学校でできるボードゲーム授業で使える
スポンサーリンク
サンソンをフォローする
サンソンの「レクで学級をHappyに!」
タイトルとURLをコピーしました