国語の時間にできる!漢字や言葉を使った楽しいレク5選

「国語の導入で漢字を使ったレクをしたい」
「楽しみながら語彙を増やしたい」
「発表や説明がうまくなってほしい」


こんにちは。小学校教員のサンソンです。今回はそんな思いをおもちの教員の皆さんにぴったりの、漢字や熟語を使ったり語彙が増えたりするレクを、厳選して紹介していきます!

スポンサーリンク

「早書きストップ」

対象:小学校低学年~
時間:5分~10分
準備:特になし


他の人が思いつかないような答えをたくさん書けますか?
●遊び方●

①担任がお題を言います。
例1「頭に“か”のつく物」
例2「にんべんの漢字」
など


②子供たちは、思いついた言葉をノートにどんどん書いていきます。
例1 かに、カメラ、かえる、仮面ライダーなど
例2 休、体、低、任など


③30秒~1分ほどでストップ。グループ内で順番に、書いたものを読み上げていきます。その際、他の人と同じ言葉が出たら取り消し線で消し、残った数が得点になります。



他の人の答えを聞くことで、楽しみながら知識量を増やす事が出来ます。学級全体でシェアしていくのもいいと思います。何度も繰り返すことで上達していきますので、いろいろなお題で定期的にやってみてください!特に低学年ではおすすめです。

スポンサーリンク

「カタカナーシ」

対象:小学校中学年~
時間:5分~10分
準備:カタカナのお題をいくつか


そのカタカナ語、カタカナなしで説明できますか?
●遊び方●

①4〜6人グループになり、出題者を決めます。出題者のみが、担任にお題を聞きに行きます。


②担任は各グループの出題者にお題の言葉を伝えます。
(例:ハンバーガー)


③出題者はグループに戻りお題をカタカナ語なしで説明します
(例:小麦粉をこねて焼いたものに、お肉とか野菜をはさんだ食べ物。)


早い者勝ちで答えます!ただし回答権は1人1回。正解した人は1ポイントです。


⑤出題者は外来語を使ってしまったらアウト。
(例:お肉とか野菜を、パンにはさんだ食べ物)


その時は、一番早くそれを指摘した人がポイントです。
(あ!今パンって言った!!)


こちらは名作カードゲームからの紹介です。普段使っているカタカナ語をカタカナなしで説明するのって、意外と難しい。自然と子供たちの語彙力が鍛えられることでしょう。製品版がなくても、子供達に身近なカタカナ語さえ用意すれば問題なく遊ぶことができます。興味がある方のためにリンク張っておきます。もちろん大人同士で遊んでも面白いです!よかったらどうぞ。

スポンサーリンク

「フィクショナリー」

対象:小学校高学年~
時間:5分~10分
準備:国語辞典


しらない言葉の意味をでっちあげろ!
●遊び方●

①クラスの中から、国語学者役を数名決めておきます。
担任は国語辞典(広辞苑もおすすめ)から、誰も知らないであろう言葉を1つ選んで、公表します。
例えば「かそけし」


②担任は紙に本当の意味を書いておきます(光・色や音などがかすかで、今にも消えそうなさま)
国語学者役の人は本来の意味だと思われるようにでっちあげて紙に書き、担任に提出します。
例えば「京都の伝統的なお菓子。小麦粉と砂糖を混ぜて作る」「沖縄地方に生息した小型の哺乳類。1000年ほど前に絶滅」など


③担任は紙をシャッフルして順番に公表します。みんなは正解だと思う答えに手を挙げ、正解したら1P。国語学者役の人は、自分の答えに(一人でも)挙手してもらえたら1P。


知らなかった言葉を知ることができる。しかも楽しみながら!このゲームはそこに特化しています。学者役がでっちあげ文章を書くところも楽しいです。全員が書いて提出し、優秀なものだけ発表という形でもいいですね。


「帰ったらおうちの人にも出してごらん?きっと知らないんじゃない?」と声をかけておけば、自然と復習もできてしまいます。

「逆しりとり」

対象:小学校低学年~
時間:5分~10分
準備:特になし

「ん」がつく言葉を集めてみましょう
●遊び方●

①ペアで対戦です。お互いに「ん」で終わる言葉を言えたら1ポイント(2文字はだめ)


10秒数えるまでに答えられないと相手に1ポイント入り、順番も相手に移ります。


③制限時間終了時にポイント多い方が勝ちです。


※8文字以上なら2ポイントにするルールもおもしろいです! ※アンパンマン系が強い(笑)
ただのしりとりに飽きてきたらこちらを!普段は使えない言葉を活躍させてあげましょう。

「いつどこでだれがなにした」

対象:小学校低学年~
時間:5分~10分
準備:特になし


笑えるだけじゃない!低学年は作文の練習にも!!
●遊び方●

①全員に紙を4枚配り、1枚ずつ「いつ」「どこで」「だれが」「なにした」に該当する内容を書きます。
(紙を4色に分けておくと分かりやすいです。青い紙には“いつ”を書いてね。のように)


②担任に提出します。紙をシャッフルしてランダムに選んで読み上げます。できたヘンテコな文章を聞いて、みんなで笑いましょう
例「去年、校長室で、先生が、さかだちした」


③担任が盛り上げながら読むのがポイントです!気分を害するような内容と個人名は禁止にしましょう。


1年生は国語の時間、文を書くには「いつ」「どこで」「だれが」「なにした」を意識して書くことが大切だと習います。それを楽しみながら学べるのがこのレク。子供でも気軽にできるので、バスレクなどでも鉄板のネタです。


紙を2枚増やして「いつ」「どこで」「だれが」「だれと」「なにを」「なにした」のように長くするのも面白いですよ!(僕はシナリオゲームと呼んでいます)

まとめ

いかがでしたか?国語の時間に楽しみながら学べるレクを5つ紹介しました。普段の授業でも、学習問題を出すとき「ここでクイズです!ジャジャーン!」としたり、算数の問題を「パズル」と言ったりするだけでも、なぜか盛り上がるものです。学びの中に遊びの要素を入れられないか、ぜひ考えてみてください。



では、最後にお知らせをさせてください。

「ちょっとイジワルだけど子供に大うけする  謎解きミステリークイズ BEST16」

という電子書籍を出版しています。

通常価格480円ですが、

Amazon Kindle unlimitedに登録していると無料で読むことができます。


しかも、今なら1ヵ月無料で登録することができます。

もちろん1ヵ月以内に解約したら、1円もかかりません。

小説やビジネス書、教育書もけっこうな数が無料で読むことができますよ。

専用の電子書籍リーダー(Kindle paperwhite等)がなくても、お手持ちのスマホやタブレットから気軽に読むことができます。

紙の本と違って、どこにでも簡単に持ち運べてちょっとしたスキマ時間にも読むことができるのが電子書籍のいいところ。

どんどん本を読み、知識を増やしていきましょう。身に着けた読書習慣は、きっと人生にも大きく影響するはずです。ぜひこの機会に登録してみてください。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

ぜひ、Twitterのフォローもよろしくお願いします。Twitterでは「#学級レク」のタグで、毎日レクの紹介をしています。また、新しいブログ記事の投稿もツイートでお知らせします!
Twitterはこちら

感想等もシェアしてもらえると嬉しいです!!!それでは、「レクで学級をHappyに!」

おすすめ書籍の紹介

1.「教職1年目の学級あそび大全」
 僕も執筆者の一人として参加しています!テーマ別に142ものレクが載っていますので、初任者さんはとりあえずこれ1冊あればしばらくレクには困らないかもしれません。




2.「よくわかる学級ファシリテーション①―かかわりスキル編― (信頼ベースのクラスをつくる)」
 ボクの教育感の礎になっていると言っても過言ではない本。若手のころから、何度も繰り返し読んでいます。クラス経営についてがメインですが、役立つゲームも載っています。レクだけでなく学級経営も知りたい方に。




3.「楽しみながら信頼関係を築くゲーム集 (プロジェクトアドベンチャーでクラスづくり)」
 プロジェクトアドベンチャー(PA)って知っていますか?僕の「レクで学級をHappyに」というモットーは、このPAを体験したり学んだりしたことから生まれました。楽しいだけでなく、楽しみながら学級経営につなげていくことができますよ。




4.「クラス全員がひとつになる学級ゲーム&アクティビティ100」
 こちらもプロジェクトアドベンチャーの手法を使ったゲーム集。イラストが豊富で見やすいですし、めあてや振り返りの視点、方法などについても分かりやすく解説してくれています。

 
この記事を書いた人
サンソン

「遊びの力は学びの力!」がモットー

 野外教育ゼミ→キャンプ&スキーインストラクター→小学校教員。このブログでは教員、大学生、保育士さん向けにレクリエーションを紹介していきます。

 2022年「みんなが楽しい学校レクリエーション 全点動画付き」全4巻出版。子供が見るために特化し、点数をしぼって分かりやすく紹介しています。

 Twitterのフォロワーさんは1万人越え。よろしければフォローお願いします。

サンソンをフォローする
厳選レク5選
スポンサーリンク
サンソンをフォローする
サンソンの「レクで学級をHappyに!」
タイトルとURLをコピーしました