キャンプファイヤーにおすすめのレク5選!!

宿泊行事のメインイベントと言えば、キャンプファイヤーですよね。日も沈んだ暗い中、みんなで火を囲んで歌ったり踊ったりするのは、非日常の体験でとても楽しいものです。


こんにちは、小学校教員のサンソンです。楽しい毎日を過ごしていますか?今回はそんなキャンプファイヤーで、みんなが楽しめて笑顔になれるレクを厳選して紹介します!

サンソン
サンソン

どれも、僕がキャンプファイヤーを企画する時には、高確率でプログラムに入ってくる、まさに鉄板のレクです!参考動画や、詳しく解説している記事へのリンクも貼ってありますので、ご活用ください。



どのレクでも、大切なことがあります。それは、とにかく、リーダーが恥ずかしがらないこと!全力でやること!これに尽きます。リーダーが全力でやってこそ、子供達が楽しめます。大人がやる場合でも、童心にかえって楽しんじゃってください!



さらに、キャンプファイヤーで大切なのは、ストーリーと世界観だと思っています。イメージはディズニーランドなどのアミューズメントパーク。だから「次は〇〇のレクです。レク係さん、お願いします」なんていう始め方だと興ざめ。


劇のように、レクとレクの間をストーリーでつないで、楽しいキャンプファイヤーをつくってください。プログラムの作り方は、拙著「みんなが楽しい学校レクリエーション④キャンプファイヤー&宿泊行事レク」でも解説しています。


当ブログでは、キャンプファイヤー以外にもたくさんのレクリエーションを紹介しています。以下のようにジャンル別、シーン別になっていますので、ぜひのぞいてみてください。

スポンサーリンク

キャッチ

対象:小学校低学年~
人数:何人でもOK
時間:5分~10分
準備:特になし


①全員で輪になります。左手をお皿の形にし(手の平が上向き)、右手は人差し指1本を下向きにして、右隣の人の左手の上へ立てます。(よく、左手をつぼの形にしているのを見ますが、力が入りすぎて脱臼の危険性があるため、僕がやるときはお皿にします)



②教師やレク係の「キャー、キャー、キャー、、、キャッチ!」の掛け声で、右手は上に逃げ、左手は握って相手を捕まえようとします。指を握られてしまった人は負けです。



③一回一回の勝ち負けにはこだわらず、繰り返し遊びましょう!途中で「キャット、キャベツ、キャロット、キャンディ、キャーーー!(悲鳴)」などのフェイントをいれると面白いです。(もちろん引っかかったら負けです)



【参考の動画】
左手がつぼの形になっていますが、ルールは同じです。



ここで紹介しているのは基本的な遊び方(レベル1)だけですが、さらに楽しめるレベル2、レベル3もあります。気になった方はぜひ下記リンクからご覧ください。

スポンサーリンク

円盤体操

対象:小学校低学年~
人数:何人でもOK
時間:5分~10分
準備:特になし


①全員で輪になってリーダーやレク係が中に入ります。または、体操の隊形になりリーダーが前に出ます。



②リーダー→全員→リーダー→全員と、同じ動きを真似しながら踊ります。僕がやっているものにかなり近い参考動画がありました。実際の動きはこちらをご覧ください。




③かけ声の例( )内は子供達が真似する所

 構え!            (構え!)

 円盤たいそーう        (円盤たいそーう)

 あっ円盤だ!         (あっ円盤だ!

 キタキタキタキタ〜      (キタキタキタキタ〜)

 マル型円盤          (マル型円盤)

 シカク型円盤         (シカク型円盤)

 サンカク型円盤        (サンカク型円盤)

 やってきた!         (やってきた!)

 〇〇(地名)の空にやってきた (〇〇の空にやってきた)

 えらいこっちゃ×3      (えらいこっちゃ×3)



※以上を1セットとし、2~3セットやってみましょう。2セットめ、3セットめでは円盤の形をいろいろと変えてみましょう!


他にも、例えば
 ・学用品シリーズで鉛筆型、ノート型、ランドセル型、
 ・食器シリーズでお皿型、グラス型、どんぶり型
 ・キャンプシリーズでテント型、飯ごう型、寝袋型


 
などなど。なんでもOK!
動画に出てくる「殿さま編」などは、こちらの記事で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

ぴよぴよちゃん

対象:小学校低学年~ (幼児もOK)
人数:何人でも
時間:5分~10分
準備:特になし

①教師(リーダー)が前に出てみんなと向かい合います。

②お題を出します。
例:教師「ぴよぴよちゃん」
  子 「なんですかー?」
  教師「こんなこと、こんなこと(前後にジャンプする)できますか?」
  子「こんなこと、こんなこと(動作の真似)できますよー!」



③これを繰り返します。笑っちゃうような変なポーズをしたり、だんだん難しくしたりするとよりおもしろいです!

参考動画




動画を見た方、いかがですか?可愛らしいですよね。
下記の記事ではもう少し詳しく、ポイントなどを紹介しています。

みんなでいっしょ

対象:小学校低学年~
人数:何人でもOK
時間:5分~10分
準備:特になし


①全員で手をつないで輪になります。


②リーダーのかけ声と動きに続いてみんなも声を出し、それに合わせて動きます。


③間違えた人には、みんなでドンマイと声をかけましょう。(間違いを楽しむ!ぐらいのスタンスでいきましょう!)


レベル1「みんなでいっしょ」

T 「みんなでいっしょ」         C「みんなでいっしょ」

T 「まーえ」(前にジャンプ)      C「まーえ」(前にジャンプ)
T 「うしろ」(後ろにジャンプ)     C「うしろ」(後ろにジャンプ)
T 「みーぎ」(右にジャンプ)      C「みーぎ」(右にジャンプ)
T 「ひだり」(左にジャンプ)      C「ひだり」(左にジャンプ)


レベル1は簡単ですね。リーダーのかけ声に合わせて「言うこといっしょ、やることいっしょ」です。かけ声は「みんなでいっしょ」ではなく「言うこといっしょ、やることいっしょ」と言ってもいいです。




レベル2「言うこといっしょ、やること反対」

レベル2からは動きが複雑になります。
リーダーのかけ声に対して「言うことはいっしょ、だけど、やることは反対」のことをします。
(前←→後ろ、右←→左)


リーダーは前にジャンプしているのに、みんなは「まーえ」と言いながら、後ろにジャンプしなければなりません。




レベル3「やることいっしょ、言うこと反対」
レベル3が一番難しいです。
リーダーのかけ声に対して「やることはいっしょ、だけど、言うことは反対」になります。


リーダーは「前」と言いながらにジャンプしているのに、みんなは「後ろ!」と言いながら、前にジャンプしなければなりません。


参考動画




レベル2、レベル3の詳しい内容や、かけ声のしかたなどは以下の記事で詳しく解説しています。こちらも合わせてご覧ください。

猛獣狩り

対象:小学校低学年~
人数:何人でもOK
時間:5分~10分
準備:特になし

【はじめに】
このレクは仲間集めをする遊びですが、はっきり言ってその部分はおまけです。このレクで楽しいのは、みんなで歌い踊っている部分なのです。だからリーダーは恥ずかしがらず、全力でやりましょう!!

僕がやるときは、「構え!」で変なポーズをし、アフリカの民族ダンスのようなイメージで「ドンドコドンドコ・・・」と始めます


①リーダー(教師やレク係)が前に立ちます。後述する例のように、言葉とポーズを歌い踊りみんなは後に続いてマネします



②踊りの最後にリーダーが動物の名前を言います。その動物の文字数だけ、仲間を集めます。(ライオンなら4文字だから4人)



③無事に仲間が集まった人たちは座ります。
リーダーが適当なところでカウントダウンをし、余ってしまった人にはみんなで「チョチョチョン、ドンマイ!」(手拍子3回→指さしポーズ)をします。
(みんなが安心して参加できるよう、バツゲームはしないようにしましょう)



④以上を繰り返して楽しみます。

歌と踊りの例

T 構え!(適当なポーズ)
C 構え!
T ドンドコ、ドンドコ、ドンドコドン!(リズムよく跳ねながらももを太鼓のように叩く)
C ドンドコ、ドンドコ、ドンドコドン!
T ドンドコ、ドンドコ、ドンドコドン!
C ドンドコ、ドンドコ、ドンドコドン!

T 猛獣狩りに行こうよ(右手をグーにして上に突き上げ、ジャンプ)
C 猛獣狩りに行こうよ
T 猛獣狩りに行こうよ
C 猛獣狩りに行こうよ

T 猛獣なんて怖くない(顔の前で右手を横にふる)
C 猛獣なんて怖くない

T ヤリだって持ってるし(ヤリをかかげるまね)
C ヤリだって持ってるし
T 鉄砲だってあるもん(ライフルを打つまね)
C 鉄砲だってあるもん

T 友達だっているもん(近くの人と腕を組んでスキップで回る)
C 友達だっているもん

T あ!(適当な方向を指さす)
C あ!
T あ!
C あ!

T あーーーーーー!!
C あーーーーーー!!
T 〇〇〇〇!(動物の名前を言う)



参考動画
導入の部分にご注目!太鼓を叩いて踊っているような感じが、僕のやっているスタイルに似ています。こんな感じで、おもいっきりはっちゃけちゃいましょう!



より詳しい解説はこちら。
1文字~15文字までの動物例や、参考動画その2なども紹介しています。

最後に

いかがでしたか?キャンプファイヤーで活躍する事間違いなしの鉄板レク5選を紹介しました。ぜひ今年のキャンプファイヤーに取り入れてみてください。もちろん、全校集会やお楽しみ会でもおすすめです。

子供用に特化したキャンプファイヤーのHow to本ですが、もちろん教員の方にも。僕が監修しました。「キャンプファイヤーって何をしたらいいの?」「子供のレク係にどんなことをさせたらいいの?」そんな方におすすめです。

手前味噌ではありますが、レクの数は少なめながら厳選したものを選んで全て動画付きですし、キャンプファイヤーの流れやストーリー構成も載っています。これ1冊あればキャンプファイヤーはバッチリ!な内容になっています。よろしければ手に取ってみてください。(図書館用の堅牢製本だから値段は高めです。ごめんなさい)



では、最後にお知らせをさせてください。宿泊行事のバスで大活躍すること間違いなしの

「ちょっとイジワルだけど子供に大うけする  謎解きミステリークイズ BEST16」

という電子書籍を出版しています。

通常価格480円ですが、

Amazon Kindle unlimitedに登録していると無料で読むことができます。


しかも、今なら1ヵ月無料で登録することができます。

もちろん1ヵ月以内に解約したら、1円もかかりません。

小説やビジネス書、教育書もけっこうな数が無料で読むことができますよ。

専用の電子書籍リーダー(Kindle paperwhite等)がなくても、お手持ちのスマホやタブレットから気軽に読むことができます。

紙の本と違って、どこにでも簡単に持ち運べてちょっとしたスキマ時間にも読むことができるのが電子書籍のいいところ。

どんどん本を読み、知識を増やしていきましょう。身に着けた読書習慣は、きっと人生にも大きく影響するはずです。ぜひこの機会に登録してみてください。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

ぜひ、Twitterのフォローもよろしくお願いします。Twitterでは「#学級レク」のタグで、毎日レクの紹介をしています。また、新しいブログ記事の投稿もツイートでお知らせします!
Twitterはこちら

感想等もシェアしてもらえると嬉しいです!!!それでは、「レクで学級をHappyに!」

おすすめ書籍の紹介

1.「教職1年目の学級あそび大全」
 僕も執筆者の一人として参加しています!テーマ別に142ものレクが載っていますので、初任者さんはとりあえずこれ1冊あればしばらくレクには困らないかもしれません。




2.「よくわかる学級ファシリテーション①―かかわりスキル編― (信頼ベースのクラスをつくる)」
 ボクの教育感の礎になっていると言っても過言ではない本。若手のころから、何度も繰り返し読んでいます。クラス経営についてがメインですが、役立つゲームも載っています。レクだけでなく学級経営も知りたい方に。




3.「楽しみながら信頼関係を築くゲーム集 (プロジェクトアドベンチャーでクラスづくり)」
 プロジェクトアドベンチャー(PA)って知っていますか?僕の「レクで学級をHappyに」というモットーは、このPAを体験したり学んだりしたことから生まれました。楽しいだけでなく、楽しみながら学級経営につなげていくことができますよ。




4.「クラス全員がひとつになる学級ゲーム&アクティビティ100」
 こちらもプロジェクトアドベンチャーの手法を使ったゲーム集。イラストが豊富で見やすいですし、めあてや振り返りの視点、方法などについても分かりやすく解説してくれています。

 
この記事を書いた人
サンソン

「遊びの力は学びの力!」がモットー

 野外教育ゼミ→キャンプ&スキーインストラクター→小学校教員。このブログでは教員、大学生、保育士さん向けにレクリエーションを紹介していきます。

 2022年「みんなが楽しい学校レクリエーション 全点動画付き」全4巻出版。子供が見るために特化し、点数をしぼって分かりやすく紹介しています。

 Twitterのフォロワーさんは1万人越え。よろしければフォローお願いします。

サンソンをフォローする
キャンプファイヤー、宿泊学習厳選レク5選
スポンサーリンク
サンソンをフォローする
サンソンの「レクで学級をHappyに!」
タイトルとURLをコピーしました