学級レク「みなさんゲーム」~よーく聞いていないと引っかかる!~

「はーいみなさん右手を挙げて~!」
「OK,下ろしていいですよー。」
「あれ?みなさんって言っていませんよー?」


こんにちは、小学校教員のサンソンです。楽しい毎日を過ごしていますか?
先日、初任者の方から「簡単にできて聞く力をつけられるレクはないですか?」と相談を受けました。


そこで今回は、準備なしで簡単にできて、みんなで笑える。そして子供達の聞く力も育つ(かもしれない)遊び「みなさんゲーム」を紹介します。


別名・命令ゲームとも言いますが、僕は「命令」という言い方があまり好きではないので、「みなさん」という方を好んで使います。


授業のちょっとしたスキマ時間、体育の準備運動、バスレクなどいろいろな場面で使えます。ぜひレパートリーに加えてくださいね。

スポンサーリンク

遊び方

概要:頭に「みなさん」がついている時だけ、指示に従うゲームです。 

対象:小学校低学年~
人数:何人でもOK
場所:どこでもOK
時間:2分~5分
準備:特になし


“みなさん”と言った時だけ、言われたことをやってください。と確認します。
例 「みなさん右手を挙げてください。」→右手上げる
  「はい下ろしてください!」→みなさんと言っていないので、降ろしてはいけません。


②担任は「みなさん」と言っても言わなくても、その動作は行います。
(上の例で言うと、「はい下ろしてください」と言いながら、実際に右手を下げます)大げさにやるとよいでしょう。(担任の動きに釣られて引っかかるのです)

③ひっかけた時は「みなさんって言ってないですよー? 」と言います。みんなで笑える瞬間です。ただしひっかかった人を名指しで呼んだり、馬鹿にしたりしないように注意しましょう。

④終わるときは「これで、みなさんゲームを終わります」と言います。

スポンサーリンク

ポイント

「失敗しても大丈夫」「笑われても大丈夫」という価値観をもたせたいので、ルール説明のときには「間違えるのが楽しいんだよ」「失敗してもいいんだよ」「失敗した人を馬鹿にしてはいけないよ」「間違えなかったからえらいわけではないよ」などと話しておくといいでしょう。


②いろいろなバリエーションがあります。
 「命令ゲーム」・・・頭に「命令」がついたときだけ指示に従います。
 「くまさんゲーム」・・・頭に「くまさん」がついたときだけ指示に従います。
 「Simon says」・・・頭に「Simon says」がついたときだけ指示に従います。英語の時間によくやります。

これらのバリエーションを同時に行うのも面白いです。Aチームは「みなさん」、Bチームは「くまさん」を言われたときだけ指示にしたがうなど。


③慣れてくると子供の反応もよくなってくるので、なかなか引っかからなくなります。出題する側のリズムが肝心です。途中で九九や早口言葉を入れる、目を閉じたまま行う、「みなさん右手を上げて、左手は下ろさないで」のように否定文を使うなど、ハードモードも取り入れてみましょう。


④いろいろな場面で応用が利きます。いろいろ考えてみてください。
僕が活用したことのある例
 ・体育の準備運動で(屈伸や伸脚などを行う)
 ・ざわついている時に静かにさせる(みなさん黙って目を閉じて~)
 ・健康診断で移動するとき(みなさん静かに廊下に並んで)
 ・バスレクとして


⑤最後に絶対ひっかかる技を。担任が右手を挙げながら「最後に、1回も間違えなかった人〜!?」と聞くとかなりの子が手を挙げてひっかかります(笑)そこからさらに「みなさんで、一度も引っかからなかった人~?」と聞き、「すごいね!!拍手~!」。この二つで、ほぼ全員が一度はひっかかると思います。ぜひ「失敗したほうが笑えて面白いでしょう?」と価値づけてあげましょう。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?準備が簡単で2分もあればできるのに楽しくて笑える。そしてみんなの集中や聞く力が伸びる(かもしれない)「みなさんゲーム」を紹介しました。学級開きはもちろん、1年を通じてちょっとしたスキマ時間におすすめです。

では、最後にお知らせをさせてください。

「ちょっとイジワルだけど子供に大うけする  謎解きミステリークイズ BEST16」

という電子書籍を出版しています。

通常価格480円ですが、

Amazon Kindle unlimitedに登録していると無料で読むことができます。


しかも、今なら1ヵ月無料で登録することができます。

もちろん1ヵ月以内に解約したら、1円もかかりません。

小説やビジネス書、教育書もけっこうな数が無料で読むことができますよ。

専用の電子書籍リーダー(Kindle paperwhite等)がなくても、お手持ちのスマホやタブレットから気軽に読むことができます。

紙の本と違って、どこにでも簡単に持ち運べてちょっとしたスキマ時間にも読むことができるのが電子書籍のいいところ。

どんどん本を読み、知識を増やしていきましょう。身に着けた読書習慣は、きっと人生にも大きく影響するはずです。ぜひこの機会に登録してみてください。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

ぜひ、Twitterのフォローもよろしくお願いします。Twitterでは「#学級レク」のタグで、毎日レクの紹介をしています。また、新しいブログ記事の投稿もツイートでお知らせします!
Twitterはこちら

感想等もシェアしてもらえると嬉しいです!!!それでは、「レクで学級をHappyに!」

おすすめ書籍の紹介

1.「教職1年目の学級あそび大全」
 僕も執筆者の一人として参加しています!テーマ別に142ものレクが載っていますので、初任者さんはとりあえずこれ1冊あればしばらくレクには困らないかもしれません。




2.「よくわかる学級ファシリテーション①―かかわりスキル編― (信頼ベースのクラスをつくる)」
 ボクの教育感の礎になっていると言っても過言ではない本。若手のころから、何度も繰り返し読んでいます。クラス経営についてがメインですが、役立つゲームも載っています。レクだけでなく学級経営も知りたい方に。




3.「楽しみながら信頼関係を築くゲーム集 (プロジェクトアドベンチャーでクラスづくり)」
 プロジェクトアドベンチャー(PA)って知っていますか?僕の「レクで学級をHappyに」というモットーは、このPAを体験したり学んだりしたことから生まれました。楽しいだけでなく、楽しみながら学級経営につなげていくことができますよ。




4.「クラス全員がひとつになる学級ゲーム&アクティビティ100」
 こちらもプロジェクトアドベンチャーの手法を使ったゲーム集。イラストが豊富で見やすいですし、めあてや振り返りの視点、方法などについても分かりやすく解説してくれています。

 
この記事を書いた人
サンソン

「遊びの力は学びの力!」がモットー

 野外教育ゼミ→キャンプ&スキーインストラクター→小学校教員。このブログでは教員、大学生、保育士さん向けにレクリエーションを紹介していきます。

 2022年「みんなが楽しい学校レクリエーション 全点動画付き」全4巻出版。子供が見るために特化し、点数をしぼって分かりやすく紹介しています。

 Twitterのフォロワーさんは1万人越え。よろしければフォローお願いします。

サンソンをフォローする
5分でできるアイスブレイク、学級開きオンラインOKバスレク
スポンサーリンク
サンソンをフォローする
サンソンの「レクで学級をHappyに!」
タイトルとURLをコピーしました