学級レク「猛獣狩り」~いつやっても盛り上がる鉄板レク!キャンプファイヤーでも!~

概要:みんなで楽しく歌い踊って、最後に仲間集めをするゲームです

【このレクの活用シーン】

  • キャンプファイヤーのレクとして
  • 全校集会やお楽しみ会の遊びとして
  • 低学年の表現遊びとして

サンソン
サンソン

こんにちは、小学校教員のサンソンです。楽しい毎日を過ごしていますか?今回もみんなが楽しめて笑顔になれるレクを紹介していきます。今回は定番の「猛獣狩り」。ご存知の方も多いでしょうが、ちょっとオリジナリティを入れています。

簡単ルールで準備も不要。キャンプファイヤーでのレクとして、特におすすめです。ぜひお試しください!


また、キャンプファイヤーではストーリーや世界観が大切なのですが、こちらの記事ではボクのおススメレクを紹介しています。合わせてお読みいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

遊び方

対象:小学校低学年~
人数:何人でもOK
場所:ある程度広い場所(校庭、体育館、キャンプファイヤー場など)
時間:5分~10分
準備:特になし

【はじめに】
このレクは仲間集めをする遊びですが、はっきり言ってその部分はおまけです。このレクで楽しいのは、みんなで歌い踊っている部分なのです。だからリーダーは恥ずかしがらず、全力でやりましょう!!僕がやるときは、「構え!」または「セッツ!」で変なポーズをし、アフリカの民族ダンスのようなイメージで「ドンドコドンドコ・・・」と始めます


①リーダー(教師やレク係)が前に立ちます。後述する例のように、言葉とポーズを歌い踊りみんなは後に続いてマネします


②踊りの最後にリーダーが動物の名前を言います。その動物の文字数だけ、仲間を集めます。(ライオンなら4文字だから4人)


③無事に仲間が集まった人たちは座ります。
リーダーが適当なところでカウントダウンをし、余ってしまった人にはみんなで「チョチョチョン、ドンマイ!」(手拍子3回→指さしポーズ)をします。
(みんなが安心して参加できるよう、バツゲームはしないようにしましょう)


④以上を繰り返して楽しみます。

歌と踊りの例

T セッツ!(適当なポーズ)
C セッツ!
※4〜5回、様々なポーズで繰り返し

T ドンドコ、ドンドコ、ドンドコドン!(リズムよく跳ねながらももを太鼓のように叩く)
C ドンドコ、ドンドコ、ドンドコドン!
T ドンドコ、ドンドコ、ドンドコドン!
C ドンドコ、ドンドコ、ドンドコドン!

T 猛獣狩りに行こうよ(右手をグーにして上に突き上げ、ジャンプ)
C 猛獣狩りに行こうよ
T 猛獣狩りに行こうよ
C 猛獣狩りに行こうよ

T 猛獣なんて怖くない(顔の前で右手を横にふる)
C 猛獣なんて怖くない

T ヤリだって持ってるし(ヤリをかかげるまね)
C ヤリだって持ってるし
T 鉄砲だってあるもん(ライフルを打つまね)
C 鉄砲だってあるもん

T 友達だっているもん(近くの人と腕を組んでスキップで回る)
C 友達だっているもん

T あ!(適当な方向を指さす)
C あ!
T あ!
C あ!

T あーーーーーー!!
C あーーーーーー!!
T 〇〇〇〇!(動物の名前を言う)
スポンサーリンク

参考動画

導入の部分にご注目!太鼓を叩いて踊っているような感じが、僕のやっているスタイルに似ています。こんな感じで、おもいっきりはっちゃけちゃいましょう!



参考動画2

「セッツ」の参考に。とにかくこの部分が一番面白いところ。みんな思わず笑っちゃうこと間違いなしですね。こちらの動画は2分のところから、実際の遊びが始まりますよ。

スポンサーリンク

ポイント

①セッツ!のポーズをするところは、慣れてきたら子供にもやりたい人を募りましょう!喜んでやる子がいることでしょう。数人で一つずつ回すのもよいです。

②動物の文字数で集まりますので、2人~15人ぐらいまでの動物をリストアップしておくとより楽しめます。「アリ」とか「ヘラクレスオオカブト」とか、それ猛獣じゃないしwというものを混ぜるのもおすすめ。

ウ(1文字)
トラ(2文字)
ゴリラ(3文字)
ライオン(4文字)
アルマジロ(5文字)
アフリカゾウ(6文字)
ニホンカモシカ(7文字)
サバンナシマウマ(8文字)
ユーラシアカワウソ(9文字)
アカビタイキツネザル(10文字)
スベスベマンジュウガニ(11文字)
セスジキノボリカンガルー(12文字)
アフリカタテガミヤマアラシ(13文字)
トガリバネキツネオオコウモリ(14文字)
アオムネヒメエメラルドハチドリ(15文字)




③僕がやる時の最後の一回の定番は「コウチョウセンセイ」(9文字)です。ただし、ちゃんと事前に校長先生に許可を取っておきましょうね。ノリのいい校長さんだと、「ガオー」ってやってくれますよ。


④ストーリーをもたせよう!
 キャンプファイヤーは、ストーリー性と世界観が大切です。イメージはディズニーランド。だから、司会役が「次は猛獣狩りゲームです。レク係さんお願いします」なんて言うのは興ざめです。

前のレクからのつながりを意識して、「みんなで鬼退治に行こう!あ、手下の猛獣が出てきたぞ!」とか、「みんなの絆パワーで、動物たちを助けよう!」など、導入のしかたを工夫してみてください。

最後に

いかがでしたか?キャンプファイヤーで活躍する事間違いなしの鉄板レク「猛獣狩り」を紹介しました。ぜひ今年のキャンプファイヤーに取り入れてみてください。もちろん、全校集会やお楽しみ会でもおすすめです。

子供用に特化したキャンプファイヤーのHow to本ですが、もちろん教員の方にも。僕が監修しました。「キャンプファイヤーって何をしたらいいの?」「子供のレク係にどんなことをさせたらいいの?」そんな方におすすめです。

手前味噌ではありますが、レクの数は少なめながら厳選したものを選んで全て動画付きですし、キャンプファイヤーの流れやストーリー構成も載っています。これ1冊あればキャンプファイヤーはバッチリ!な内容になっています。よろしければ手に取ってみてください。(図書館用の堅牢製本だから値段は高めです。ごめんなさい)



では、最後にお知らせをさせてください。

「ちょっとイジワルだけど子供に大うけする  謎解きミステリークイズ BEST16」

という電子書籍を出版しています。

通常価格480円ですが、

Amazon Kindle unlimitedに登録していると無料で読むことができます。


しかも、今なら1ヵ月無料で登録することができます。

もちろん1ヵ月以内に解約したら、1円もかかりません。

小説やビジネス書、教育書もけっこうな数が無料で読むことができますよ。

専用の電子書籍リーダー(Kindle paperwhite等)がなくても、お手持ちのスマホやタブレットから気軽に読むことができます。

紙の本と違って、どこにでも簡単に持ち運べてちょっとしたスキマ時間にも読むことができるのが電子書籍のいいところ。

どんどん本を読み、知識を増やしていきましょう。身に着けた読書習慣は、きっと人生にも大きく影響するはずです。ぜひこの機会に登録してみてください。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

ぜひ、Twitterのフォローもよろしくお願いします。Twitterでは「#学級レク」のタグで、毎日レクの紹介をしています。また、新しいブログ記事の投稿もツイートでお知らせします!
Twitterはこちら

感想等もシェアしてもらえると嬉しいです!!!それでは、「レクで学級をHappyに!」

おすすめ書籍の紹介

1.「教職1年目の学級あそび大全」
 僕も執筆者の一人として参加しています!テーマ別に142ものレクが載っていますので、初任者さんはとりあえずこれ1冊あればしばらくレクには困らないかもしれません。




2.「よくわかる学級ファシリテーション①―かかわりスキル編― (信頼ベースのクラスをつくる)」
 ボクの教育感の礎になっていると言っても過言ではない本。若手のころから、何度も繰り返し読んでいます。クラス経営についてがメインですが、役立つゲームも載っています。レクだけでなく学級経営も知りたい方に。




3.「楽しみながら信頼関係を築くゲーム集 (プロジェクトアドベンチャーでクラスづくり)」
 プロジェクトアドベンチャー(PA)って知っていますか?僕の「レクで学級をHappyに」というモットーは、このPAを体験したり学んだりしたことから生まれました。楽しいだけでなく、楽しみながら学級経営につなげていくことができますよ。




4.「クラス全員がひとつになる学級ゲーム&アクティビティ100」
 こちらもプロジェクトアドベンチャーの手法を使ったゲーム集。イラストが豊富で見やすいですし、めあてや振り返りの視点、方法などについても分かりやすく解説してくれています。

 
この記事を書いた人
サンソン

「遊びの力は学びの力!」がモットー

 野外教育ゼミ→キャンプ&スキーインストラクター→小学校教員。このブログでは教員、大学生、保育士さん向けにレクリエーションを紹介していきます。

 2022年「みんなが楽しい学校レクリエーション 全点動画付き」全4巻出版。子供が見るために特化し、点数をしぼって分かりやすく紹介しています。

 Twitterのフォロワーさんは1万人越え。よろしければフォローお願いします。

サンソンをフォローする
アイスブレイク、学級開きお楽しみ会キャンプファイヤー、宿泊学習授業で使える
スポンサーリンク
サンソンをフォローする
サンソンの「レクで学級をHappyに!」
タイトルとURLをコピーしました