初任者教員のみなさんに覚えてほしい!簡単で楽しいレク5選!

4月から教員になるみなさん。今、子供達と会う日のことをドキドキして待っているのではないでしょうか。赴任するまでにどんな勉強をすればいいのか。どんな本を読むのがいいか。いろいろ不安もあると思います。


こんにちは、小学校教員のサンソンです。僕は「レクで学級をHappyに!」をモットーに、たくさんのあそびを子供達としてきました。その中で感じるのは、まさに遊びの力は学びの力だということです。子供たちは良くも悪くも、経験から学びます。子供達につけさせたい力を、楽しみながら経験して学ぶ。レクリエーションはその助けになると思っています。


今回は、初任者の方でも簡単にできて子供たちの力になる。そんなレクを厳選しました。短時間でできるものばかりですので、レパートリーとしてもっておくと、きっと役に立つと思います。子供たちの笑顔があふれますように。

スポンサーリンク

せーの!

人数:何人でも
時間:1分~5分
場所:校庭や体育館
目的:グループを作る

かけ声ひとつで、簡単に仲間を集められる
●遊び方●

教師が「せーの」というたびに、子供達が「パン」と手をたたきます。「せーの」をいうたびに、拍手の数を一つずつ増やしていきます。
(せーの、パン! せーの、パンパン! せーの、パンパンパン・・・)


②何度か続けたら教師が「ゴー!」と言います。「ゴー」の前の拍手の数だけ、仲間を集めて座ります。余ったしまった人には、「チャチャチャ、ドンマイ」をしましょう。(拍手3回→サムズアップ)


③慣れてきたら、お題を言ってから「ゴー」を言うようにします。
「男女混合で、ゴー」「生活班バラバラで、ゴー」「誕生月バラバラで、ゴー」「足の速さが同じぐらいの人で、ゴー」のように。


子供達にグループをつくるように言うと、同じ友達とばかり組んだり男女別になってしまったりしますよね。このレクでは、楽しみながらランダムなグループをつくる事ができます。何人組をつくるかも調節できて便利です。

スポンサーリンク

30秒ゲーム

人数:何人でも
時間:1分
場所:どこでも
目的:“静か”をつくる、気持ちを切り替える

シーンとした場をつくれる!
●遊び方●

①全員、顔を伏せて目を閉じます。


②担任は時計を見ながら「5,4,3,2,1,スタート」と伝えます。


子供たちは心の中で数を数え、30秒だと思った瞬間に黙って挙手をします。途中でしゃべった人は負けです。


④担任はぴったりだった人を確認し、発表します。発表後にしゃべっても負けです。
「ではここまで。これから勝者を発表しますが、発表後に声を出しても負けです。いいですね?今回の勝者は、〇〇さんです。ではみんな、指一本だけで拍手しましょう。パチパチ」


盛り上がった気分を切り替えたいとき、健康診断の順番を待っているときなどの話してはいけないときに行うこともできるレクです。「静かにしなさい!」「しゃべってはいけません!!」と注意するだけでなく、こういうバリエーションをもっておくと、きっと役立ちます。勝者発表の時に声をだすことを許すと、せっかくつくった静寂が崩れてしまいます。粛々と行いましょう。

スポンサーリンク

ジャンケンチャンピオン

人数:何人でも
時間:1分~3分
場所:教室
目的:安心できる雰囲気をつくる


担任vs全員のジャンケン大会
●遊び方●

①「全員起立!クラスで一番運がいい人を決めます。勝った人だけ残ってね。負けとあいこは座ります。」


②次々座っていく中で一人だけ残ったら
「チャンピオンに拍手〜!じゃあ次は、先生と気が合う人を決めまーす。あいこの人だけが残ってね。
→「すごいね、テレパシーが使えるのかな?気持ちが通じ合ったね!拍手~」


③「最後はクラスで一番優しい人を決めまーす。ボクに負けてくれた人だけ残ってね」→先生を勝たせてくれてありがとう、拍手~。


簡単ルールで誰にでもできるのに、とても盛り上がるレクです。
僕は毎日、帰りの挨拶の時に「ジャンケン占い」としてこのレクを行っています。今日のみんなは運がいいかな?先生と気が合うかな?優しい気持ちになれる日かな?と言って行うことで、楽しい気持ちで下校させることができますよ。


アレンジ
「スーパージャンケン」
①担任vs全員でジャンケン。担任に勝った人は、スーパー喜ぶ!
②あいこの人は・・・スーパー喜ぶ!
③残念ながら負けてしまった人は・・・スーパー喜ぶ!!

担任が大げさ演技で楽しさを演出しましょう!笑えます

ネームトーク

人数:何人でも
時間:1分~3分
場所:教室
目的:子供同士の相互理解、声を出すトレーニング

呼名に返事、プラス一言!
●遊び方●

①今日のお題を伝え、担任が一人ずつ子供たちの名前を呼びます。(例、好きな食べ物)


②名前を呼ばれた子は返事をし、お題に沿った答えを一言つけたします。
「はい!リンゴです」
「はい!ハンバーグです」


③声の大きさや聞き方を褒めながら、リズムよく笑顔ですすめます。
「さわやかな返事だね!」
「おいしいよね!」


毎日の健康観察、「はい元気です」だけだとダレてしまいますよね。ネームトークで、楽しく人前で声を出す経験をし、自信がもてるようにしましょう。友達の好きなものを知ることは、相互理解にもつながります。


アレンジ
「出席確認リレー」
①設定タイムを決めます。例えば1分。
②担任は出席番号1番の子を呼名します。「相川さん」
③呼ばれた子は、“返事+一言+次の子の名前”を言います。「はい!ステーキです。飯田さん」
④これを繰り返していって、最後の子は先生の名前を呼びます。
⑤担任~担任までにかかった時間を計り、設定タイムにどれだけ近づけるかに挑戦します。

クイズでドン!

人数:何人でも
時間:5分~10分
場所:教室
目的:学習したことを振り返る、定着させる

楽しくテスト対策!
●遊び方●

①単元テストの範囲を対象にクイズをつくらせます。その際、Q&Aフォーマットを提示して、つくりやすいように配慮しましょう。
「〇〇とは何ですか?」
「〇〇はなぜ△△なのですか?」
「〇〇はいくつありますか?」
「〇〇したのは誰ですか?」
など


②クイズを書いたノートを集め、担任が出題します。


早押し(挙手)で答えたり、紙に書かせて答え合わせをしたりしましょう。正解したら1ポイント


④決めておいた問題数が終わった時点で、ポイントの多かった人の勝ちです!


教科書やドリル、資料集などからクイズをつくることで、知識の定着をはかることができます。「お互いに問題を出し合いましょう」というより「クイズをつくりましょう」と言ったほうが盛り上がるんですよね。おもしろい。難問奇問に流れないように、学習のために楽しんで行うということを押さえておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?初任者の方でも簡単で楽しい、そして学級作りに役立つレクを厳選して紹介しました。初めて子供たちの前に立つのは、とても緊張すると思います。授業がうまくできるか、子供達と信頼を築けるか、不安もあることでしょう。


授業はうまくなくて当然です。だからその分、休み時間にはたくさん子供達と遊んであげてください。子供たちは一緒に遊んでくれる先生が大好きです。その時、ここで挙げたレクが役に立ってくれたら嬉しいです。

では、最後にお知らせをさせてください。

「ちょっとイジワルだけど子供に大うけする  謎解きミステリークイズ BEST16」

という電子書籍を出版しています。

通常価格480円ですが、

Amazon Kindle unlimitedに登録していると無料で読むことができます。


しかも、今なら1ヵ月無料で登録することができます。

もちろん1ヵ月以内に解約したら、1円もかかりません。

小説やビジネス書、教育書もけっこうな数が無料で読むことができますよ。

専用の電子書籍リーダー(Kindle paperwhite等)がなくても、お手持ちのスマホやタブレットから気軽に読むことができます。

紙の本と違って、どこにでも簡単に持ち運べてちょっとしたスキマ時間にも読むことができるのが電子書籍のいいところ。

どんどん本を読み、知識を増やしていきましょう。身に着けた読書習慣は、きっと人生にも大きく影響するはずです。ぜひこの機会に登録してみてください。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

ぜひ、Twitterのフォローもよろしくお願いします。Twitterでは「#学級レク」のタグで、毎日レクの紹介をしています。また、新しいブログ記事の投稿もツイートでお知らせします!
Twitterはこちら

感想等もシェアしてもらえると嬉しいです!!!それでは、「レクで学級をHappyに!」

おすすめ書籍の紹介

1.「教職1年目の学級あそび大全」
 僕も執筆者の一人として参加しています!テーマ別に142ものレクが載っていますので、初任者さんはとりあえずこれ1冊あればしばらくレクには困らないかもしれません。




2.「よくわかる学級ファシリテーション①―かかわりスキル編― (信頼ベースのクラスをつくる)」
 ボクの教育感の礎になっていると言っても過言ではない本。若手のころから、何度も繰り返し読んでいます。クラス経営についてがメインですが、役立つゲームも載っています。レクだけでなく学級経営も知りたい方に。




3.「楽しみながら信頼関係を築くゲーム集 (プロジェクトアドベンチャーでクラスづくり)」
 プロジェクトアドベンチャー(PA)って知っていますか?僕の「レクで学級をHappyに」というモットーは、このPAを体験したり学んだりしたことから生まれました。楽しいだけでなく、楽しみながら学級経営につなげていくことができますよ。




4.「クラス全員がひとつになる学級ゲーム&アクティビティ100」
 こちらもプロジェクトアドベンチャーの手法を使ったゲーム集。イラストが豊富で見やすいですし、めあてや振り返りの視点、方法などについても分かりやすく解説してくれています。

 
この記事を書いた人
サンソン

「遊びの力は学びの力!」がモットー

 野外教育ゼミ→キャンプ&スキーインストラクター→小学校教員。このブログでは教員、大学生、保育士さん向けにレクリエーションを紹介していきます。

 2022年「みんなが楽しい学校レクリエーション 全点動画付き」全4巻出版。子供が見るために特化し、点数をしぼって分かりやすく紹介しています。

 Twitterのフォロワーさんは1万人越え。よろしければフォローお願いします。

サンソンをフォローする
5分でできる厳選レク5選
スポンサーリンク
サンソンをフォローする
サンソンの「レクで学級をHappyに!」
タイトルとURLをコピーしました