学級レク「丸かきリレー」~正確性とスピードのジレンマ~

一枚の紙に、いくつの丸が描けますか?線がぶつかってはいけません。10?20?もっと描けるでしょうか?

こんにちは、小学校教員のサンソンです。楽しい毎日を過ごしていますか?今回は、そんな紙に丸を書いていくだけの簡単ルールでみんなが楽しめる、「丸かきリレー」を紹介します!シンプルながら、戦略も必要になってきて、意外と奥が深いゲームですよ。

こちらのレクは、
「席替えをした後に!グループで楽しめるレク5選!」
でも取り上げています。合わせてご覧いただけたら幸いです。

スポンサーリンク

遊び方

概要:紙に丸を描いていき、線がぶつからずにたくさん描けたチームの勝ち

対象:小学校低学年~
人数:4~6人のグループで
場所:教室
時間:5分~10分
準備:大きめの紙と鉛筆、またはホワイトボードとマーカー


①4~6人の班対抗です。黒板を班の数に区切って、それぞれにB4(A3でも可)の紙やミニホワイトボードを貼ります。もちろん、そのまま黒板に描いていってもOKです。
(班の数が多いときは、半数ずつ2回に分けて行いましょう)


②各班、最初の1人が前に出て、鉛筆・ネームペン・ホワイトボードマーカーなどで、できるだけ大きな丸を描きます。


③最初の人が席に戻ったら、次の人が立ちます。次の人は最初の丸にぶつからないように内側に円を描きます。

これを制限時間(1~2分程度)が終わるまで繰り返し、たくさんの丸が描けたチームの勝ちです。(線がぶつかっていた場合は、ぶつかった2本の分はカウントしません)

スポンサーリンク

ポイント

限られた紙のスペースに、なるべくたくさん描きたい。でも前の人の線ギリギリを狙うとスピードが落ちたり線が重なったりしてしまう。スピードを優先して余白を大きめにとって描くと、後半描く場所がなくなる可能性がある。この、正確性とスピードのジレンマが楽しいゲームです。


・分散登校などの場合でも、班ごとの記録を掲示しておくとクラス全員で遊ぶことができます。図工など、専科の先生にもおすすめ。同じ条件で数クラスやってみてください。「現在の最高記録」を掲示しておくと、盛り上がること間違いなしです!


・バスレクとして遊ぶのもおすすめです。スケッチブックとサインペンを列の数だけ用意して、描いたら次の人に回していくようにします。バスの揺れで線がぶつかりそうになるスリルが味わえます。(バス酔いにはご注意を)こちらも、同じ条件でやればバスが数台あっても勝負ができますね。サービスエリアなどで、他の号車の友達と「いくつかけた?」なんて話もでるかもしれません。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?準備もルールも簡単。リレー形式で盛り上がる。そして正確性とスピードのジレンマが楽しい「丸かきリレー」を紹介しました。

では、最後にお知らせをさせてください。

「ちょっとイジワルだけど子供に大うけする  謎解きミステリークイズ BEST16」

という電子書籍を出版しています。

通常価格480円ですが、

Amazon Kindle unlimitedに登録していると無料で読むことができます。


しかも、今なら1ヵ月無料で登録することができます。

もちろん1ヵ月以内に解約したら、1円もかかりません。

小説やビジネス書、教育書もけっこうな数が無料で読むことができますよ。

専用の電子書籍リーダー(Kindle paperwhite等)がなくても、お手持ちのスマホやタブレットから気軽に読むことができます。

紙の本と違って、どこにでも簡単に持ち運べてちょっとしたスキマ時間にも読むことができるのが電子書籍のいいところ。

どんどん本を読み、知識を増やしていきましょう。身に着けた読書習慣は、きっと人生にも大きく影響するはずです。ぜひこの機会に登録してみてください。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

ぜひ、Twitterのフォローもよろしくお願いします。Twitterでは「#学級レク」のタグで、毎日レクの紹介をしています。また、新しいブログ記事の投稿もツイートでお知らせします!
Twitterはこちら

感想等もシェアしてもらえると嬉しいです!!!それでは、「レクで学級をHappyに!」

おすすめ書籍の紹介

1.「教職1年目の学級あそび大全」
 僕も執筆者の一人として参加しています!テーマ別に142ものレクが載っていますので、初任者さんはとりあえずこれ1冊あればしばらくレクには困らないかもしれません。




2.「よくわかる学級ファシリテーション①―かかわりスキル編― (信頼ベースのクラスをつくる)」
 ボクの教育感の礎になっていると言っても過言ではない本。若手のころから、何度も繰り返し読んでいます。クラス経営についてがメインですが、役立つゲームも載っています。レクだけでなく学級経営も知りたい方に。




3.「楽しみながら信頼関係を築くゲーム集 (プロジェクトアドベンチャーでクラスづくり)」
 プロジェクトアドベンチャー(PA)って知っていますか?僕の「レクで学級をHappyに」というモットーは、このPAを体験したり学んだりしたことから生まれました。楽しいだけでなく、楽しみながら学級経営につなげていくことができますよ。




4.「クラス全員がひとつになる学級ゲーム&アクティビティ100」
 こちらもプロジェクトアドベンチャーの手法を使ったゲーム集。イラストが豊富で見やすいですし、めあてや振り返りの視点、方法などについても分かりやすく解説してくれています。

 
この記事を書いた人
サンソン

「遊びの力は学びの力!」がモットー

 野外教育ゼミ→キャンプ&スキーインストラクター→小学校教員。このブログでは教員、大学生、保育士さん向けにレクリエーションを紹介していきます。

 2022年「みんなが楽しい学校レクリエーション 全点動画付き」全4巻出版。子供が見るために特化し、点数をしぼって分かりやすく紹介しています。

 Twitterのフォロワーさんは1万人越え。よろしければフォローお願いします。

サンソンをフォローする
5分でできるアイスブレイク、学級開きお楽しみ会協力型、信頼関係構築(PA)
スポンサーリンク
サンソンをフォローする
サンソンの「レクで学級をHappyに!」
タイトルとURLをコピーしました