ただのビンゴじゃない!学校で楽しいアレンジビンゴゲーム5選!

子供達は先生と遊ぶゲームが大好き!特にビンゴは人気ゲームの一つです。普通の数字ビンゴだけでも盛り上がるのですが、ビンゴは100%運だけのゲーム。ちょっとした工夫で、運だけでなく思考力が必要だったり先生や友達と仲良くなれたり。そんなビンゴをアレンジしたゲームをご紹介します!

スポンサーリンク

「ストリームス」

対象:中学年~
人数:何人でも
時間:10分~15分
準備:ストリームス用紙、割り箸40本

用紙

運と戦略のバランスがいい頭脳派ビンゴ!
●遊び方●
①事前に割り箸を40本用意して、1〜30の数字(11〜19は2本ずつ)と☆(オールマイティ)を書いておきます。用紙を配ります。用紙はここからダウンロードできます よかったらどうぞ。

②担任が1つずつ数字を引きます(全部で20本引きます)
子供たちは引かれた数字を一つずつ、好きなマスに書いていきます。できるだけ昇順(小さい順)になるように狙って書いていきましょう(同じ数字の連続はセーフです)

③出た数字は必ず書かなくてはいけません(パスは無し)。だから終盤「1はもう書けないのに〜」とか「20来い、20!」と盛り上がるのが楽しいです。

④マスが全部埋まったら得点計算をします。まず昇順が途切れている境目に区切り線を引きます。区切った各区分のマス目を数え、マス数に応じた得点を獲得します(マス数が多くなるほど高得点。ただし途中で得点が下がるマスあり)合計得点の多い人の勝ちです!

得点例

何人でも同時に遊べて、ほどよい運と戦略のバランスがあるこのゲーム。「もう一回!もう一回!!」と言われること間違いなしです(笑)絶版になってしまったボードゲームが元ネタなのですが、続編はまだ買えるようなので、興味がある方はどうぞ!

スポンサーリンク

「先生ビンゴ」

対象:低学年~
人数:何人でも
時間:10分~15分
準備:ビンゴ用紙、答え

4月の学級開きにおすすめ!
●遊び方●
①画像のようなビンゴ用紙を作って配布します(食べ物、スポーツ、TVなどテーマを決めておくと、テーマを変えて何度か楽しめます)

②子供たちは、先生が好きだと思うものを想像して選んで記入します。

担任は自分の好きな順に発表していきます。発表しながら短いエピソードも話すといいですね。担任の先生のことをたくさん知ってもらいましょう!

僕は4月に、担任するクラスが変わったときによくやります。「先生は〇〇が好きなんだよ。なぜかって言うとね・・・」こんな会話を家庭でしてもらうと、きっと保護者の方の安心にもつながると思います。

スポンサーリンク

「クラスメンバービンゴ」

対象:低学年~
人数:何人でも
時間:10分~15分
準備:自己紹介用の紙、ビンゴ用紙

3つのゲームで遊びながら、友達のことを知り合える
●遊び方●
①全員にカード大の紙を配ります。そこに自分の名前と、好きなことや苦手なことなどの自己紹介を3つ書きます。(3ヒントクイズのように)

②グループに5×5のマスを書いた1枚の紙を渡します。(人数が少ない場合は3×3や4×4でもOKです)ここからゲームスタート

ゲーム1「マス埋め競争」
ビンゴ用紙のマスに一人ずつ交代でクラスメンバーの名前を書いていきます(全て違う名前で埋めること)早く出来たチームから手を挙げて順位を競います

ゲーム2「名前あてゲーム」
よく切った自己紹介カードのヒントを名前を伏せて読み上げていきます。その名前を当てます。友達の意外な一面が発見できるかもしれませんね。

ゲーム3「名前ビンゴ」  
「名前当てゲーム」で正解が出たら、その名前でビンゴをします。

3つのゲームそれぞれにポイントをつけてゲーム大会にするのもおすすめです!1位5点、2位3点とか、名前あてゲームは正解チームに1点のように。遊びながら、友達の名前や好きなことを覚えることもできますね。

「なんでもビンゴ」

対象:低学年~
人数:何人でも
時間:10分~15分
準備:ビンゴのお題と答え、ビンゴ用の紙

何でもビンゴのお題にできちゃいます!
●遊び方●
①お題を出します。例えば「夏といえば?」

②個人でもチームでもいいので、出題者が言いそうな答えを9こ考えます
「スイカ、海、キャンプなど」
その答えを3×3のマスに埋めていきます。

③出題者は「夏といえば…○○!」と9個の答えを言っていきましょう。答えがあったら〇をしていき、1列そろった人からビンゴです!

お題の例
春夏秋冬、楽器、九九の式、学校にあるもの、動物園の動物、にんべんの漢字、オリンピック競技、星座の名前、化学式、都道府県、英単語、ドリル○番の進出漢字、など

お題例にもあるように、学習ともリンクさせることができます。単元の復習がてら、いかがでしょうか。

「ダイスビンゴ」

対象:高学年~
人数:何人でも
時間:15分~20分
準備:サイコロ2個、ダイスビンゴ用紙

ダイス×ビンゴ×ポーカー!(元ネタはボードゲーム)
●遊び方●
①用紙を配ります。用紙はこちらからダウンロードできます。よろしければご利用ください。

②担任がダイスを2個振ります。出た数字の合計(2~12)を5×5のマスのどこかに書き込みます。パスは無しです。必ず書かなくてはいけません。これを25回繰り返します。

縦、横、斜めの列ごとに得点を計算します。ポーカーの役のように、難しい役だと高得点になります(斜めラインは得点2倍)画像の得点例を参考にしてみてください。

「7」は一番確率が高く、2や12は低くなります。確率と、得点が高くなるように組み合わせを考えながら記入していくのがおもしろいゲームです!

まとめ

いかがでしたか?先生や友達と仲良くなれるもの、学習の復習として使えるもの、ちょっと頭をつかうものなど、ビンゴも奥が深いですよね。ここに挙げたレクの他に、紙とペンだけでできるゲーム5選もまとめていますので、合わせてご覧いただけたらと思います!これらのレクを通して、子供達の笑顔がたくさん生まれますように。

では、最後にお知らせをさせてください。

「ちょっとイジワルだけど子供に大うけする  謎解きミステリークイズ BEST16」

という電子書籍を出版しています。

通常価格480円ですが、

Amazon Kindle unlimitedに登録していると無料で読むことができます。


しかも、今なら1ヵ月無料で登録することができます。

もちろん1ヵ月以内に解約したら、1円もかかりません。

小説やビジネス書、教育書もけっこうな数が無料で読むことができますよ。

専用の電子書籍リーダー(Kindle paperwhite等)がなくても、お手持ちのスマホやタブレットから気軽に読むことができます。

紙の本と違って、どこにでも簡単に持ち運べてちょっとしたスキマ時間にも読むことができるのが電子書籍のいいところ。

どんどん本を読み、知識を増やしていきましょう。身に着けた読書習慣は、きっと人生にも大きく影響するはずです。ぜひこの機会に登録してみてください。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

ぜひ、Twitterのフォローもよろしくお願いします。Twitterでは「#学級レク」のタグで、毎日レクの紹介をしています。また、新しいブログ記事の投稿もツイートでお知らせします!
Twitterはこちら

感想等もシェアしてもらえると嬉しいです!!!それでは、「レクで学級をHappyに!」

おすすめ書籍の紹介

1.「教職1年目の学級あそび大全」
 僕も執筆者の一人として参加しています!テーマ別に142ものレクが載っていますので、初任者さんはとりあえずこれ1冊あればしばらくレクには困らないかもしれません。




2.「よくわかる学級ファシリテーション①―かかわりスキル編― (信頼ベースのクラスをつくる)」
 ボクの教育感の礎になっていると言っても過言ではない本。若手のころから、何度も繰り返し読んでいます。クラス経営についてがメインですが、役立つゲームも載っています。レクだけでなく学級経営も知りたい方に。




3.「楽しみながら信頼関係を築くゲーム集 (プロジェクトアドベンチャーでクラスづくり)」
 プロジェクトアドベンチャー(PA)って知っていますか?僕の「レクで学級をHappyに」というモットーは、このPAを体験したり学んだりしたことから生まれました。楽しいだけでなく、楽しみながら学級経営につなげていくことができますよ。




4.「クラス全員がひとつになる学級ゲーム&アクティビティ100」
 こちらもプロジェクトアドベンチャーの手法を使ったゲーム集。イラストが豊富で見やすいですし、めあてや振り返りの視点、方法などについても分かりやすく解説してくれています。

 
この記事を書いた人
サンソン

「遊びの力は学びの力!」がモットー

 野外教育ゼミ→キャンプ&スキーインストラクター→小学校教員。このブログでは教員、大学生、保育士さん向けにレクリエーションを紹介していきます。

 2022年「みんなが楽しい学校レクリエーション 全点動画付き」全4巻出版。子供が見るために特化し、点数をしぼって分かりやすく紹介しています。

 Twitterのフォロワーさんは1万人越え。よろしければフォローお願いします。

サンソンをフォローする
厳選レク5選
スポンサーリンク
サンソンをフォローする
サンソンの「レクで学級をHappyに!」
タイトルとURLをコピーしました