可能性は無限大!?ジャンケンをつかった楽しいレク5選!

手軽にできる遊びの代表といえば「ジャンケン」ですよね。誰でもルールを知っていて短い時間で簡単にできますから、レクの世界でも重宝されています。

サンソン
サンソン

こんにちは。小学校教員のサンソンです。今回は、ジャンケンを使ったお手軽で楽しいレクを5つ、紹介していきます。スキマ時間や帰りの会など、短い時間で楽しめますから、ぜひレパートリーに加えてください。


また、このほかにもいろいろなレクをシーン別に厳選している「レク5選」の記事を書いています。合わせてお読みいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

ギョウザジャンケン

対象:小学校低学年~
人数:3人~何人でも
場所:教室
時間:3分~5分
準備:特になし


遊び方
①「みんなはギョウザって好き?今日は3人組でジャンケンをして、ギョウザを作りますよ~。」などと話し、興味を惹きましょう。そして、グーが「お肉」、チョキが「ニラ」、パーが「皮」だということを説明します。


②「ギョーウーザ!」のかけ声でジャンケンをします。グループで出したジャンケンの手が、3種類そろったら全員で「いただきまーす」と言って食べる真似をしてクリアです。グーだけだったら「肉しかなーい」、パーがいなかったら「皮がなーい」などと叫んで残念がります。


グループを変えてどんどんチャレンジしましょう。(成功するまで連続でチャレンジしてもよし、成否に関わらず毎回メンバーを変えてもよしです。)


時間内にいくつのギョウザが食べられるでしょうか。(食べた個数はカウントしておきましょう)

ポイント
①クラスの人数が3で割り切れなくても大丈夫。次々と3人組を入れ替えて行うようにすれば、ずっと余ってしまう子はできません。


②ギョウザ以外にもアレンジは無限大!ぜひ子供達と一緒に、オリジナルのジャンケンを考えてみてくださいね。

アレンジ例
 ・チーズバーガージャンケン(グー=お肉  チョキ=チーズ  パー=パン)
 ・アップルパイジャンケン (グー=りんご チョキ=シナモン パー=パイ生地)
 ・巻き寿司ジャンケン   (グー=具   チョキ=海苔   パー=ごはん)
スポンサーリンク

ジャンケンチャンピオン

対象:小学校低学年~
人数:何人でもOK
場所:どこでもOK
時間:1分~5分
準備:特になし


遊び方

①「全員起立!クラスで一番運がいい人を決めます。勝った人だけ残ってね。負けとあいこは座ります。」


②次々座っていく中で一人だけ残ったら
「チャンピオンに拍手〜!じゃあ次は、先生と気が合う人を決めます。あいこの人だけが残ってね。
→「すごいね、テレパシーが使えるのかな?気持ちが通じ合ったね!拍手~」


③「最後はクラスで一番優しい人を決めまーす。ボクに負けてくれた人だけ残ってね」→先生を勝たせてくれてありがとう、拍手~。

アレンジアイデア
「スーパージャンケン」
①担任vs全員でジャンケン。担任に勝った人は、スーパー喜ぶ!
②あいこの人は・・・スーパー喜ぶ!
③残念ながら負けてしまった人は・・・スーパー喜ぶ!!

担任が大げさ演技で楽しさを演出しましょう!笑えます

活用例

僕は毎日、帰りの挨拶の時に「ジャンケン占い」としてこのレクを行っています。「今日のみんなは運がいいかな?先生と気が合うかな?優しい気持ちになれる日かな?と言って行うことで、楽しい気持ちで下校させることができますよ。

児童全員「サンソン先生さようなら」
サ「今日も楽しかったね、さようなら。ジャーンケーンポン!」
という感じです。
スポンサーリンク

必殺技ジャンケン

対象:小学校低学年~
人数:何人でもOK
場所:どこでもOK
時間:1分~5分
準備:特になし


遊び方

①普通のじゃんけんに加えて、必殺技(かめはめ波のポーズ)、バリアー(胸の前で腕を交差)が入ります。(全5種類)


②手の優劣
 ・グー、チョキ、パーの勝ち負けはそのまま。

 ・必殺技(かめはめ波)は、グー、チョキ、パー全てに勝てるが、バリアーにだけは負ける。

 ・バリアーは、レーザービームにだけは勝てるが、グー、チョキ、パー全てに負ける。

ポイント

①担任vs全員で同時にやってもいいですし、自由に歩きまわってペアやトリオでやっても楽しいです。

②必殺技は好きなアニメなどの技に自由にアレンジ可能です!

まあいっかジャンケン

対象:小学校低学年~
人数:何人でもOK
場所:どこでもOK
時間:1分~5分
準備:特になし


遊び方

①普通にジャンケンをし、勝ったら「ありがとう」、負けたら「まあいっか」と言います。


②ペアでジャンケン。ジャンケンの勝ち負けは関係なく、先に「ありがとう」「まあいっか」を言えた方の勝ち

ポイント

①勝っても負けても、ポジティブな気持ちになれるところがいいところ。次々と違うペアでやりましょう。余ってしまうようなら3人でもできます。

シュウマイジャンケン

対象:小学校低学年~
人数:何人でもOK
場所:どこでもOK
時間:1分~5分
準備:特になし


遊び方

①グーチョキパーの代わりに、ポーズが3種類
 エビシュウマイ:両手を前に出し、お尻を突き出す
 カニシュウマイ:足を開いて両手をチョキ
 タコシュウマイ:シェーのポーズ

シェーのポーズ(タコシュウマイ)



テンション高めに両腕を突き上げ、飛び跳ねながら「シュウマイシュウマイジャンケン!シュウマイシュウマイジャンケン! 1,2の3(ポーズ)」


③担任と同じのを出したら負け

ポイント

 とにかく全力で。このレクの面白いところは、ジャンケンの前の踊りです(笑)
下記の動画も参考にしてください。動画ではリーダーだけがやっていますが、子供も巻き込んで全員でやったほうが、楽しいです。

最後に

いかがだったでしょうか。ちょっとしたスキマ時間に、楽しいレクをやって楽しむのは学級経営的にもおすすめです。

なぜなら、「始まる時間を守ったり、がんばって取り組んだりすれば楽しいことができる」ということを経験で学ぶからです。子供は良くも悪くも経験で学びます。簡単で楽しいレク。レパートリーに加えていただけたらと思います。

では、最後にお知らせをさせてください。

「ちょっとイジワルだけど子供に大うけする  謎解きミステリークイズ BEST16」

という電子書籍を出版しています。

通常価格480円ですが、

Amazon Kindle unlimitedに登録していると無料で読むことができます。


しかも、今なら1ヵ月無料で登録することができます。

もちろん1ヵ月以内に解約したら、1円もかかりません。

小説やビジネス書、教育書もけっこうな数が無料で読むことができますよ。

専用の電子書籍リーダー(Kindle paperwhite等)がなくても、お手持ちのスマホやタブレットから気軽に読むことができます。

紙の本と違って、どこにでも簡単に持ち運べてちょっとしたスキマ時間にも読むことができるのが電子書籍のいいところ。

どんどん本を読み、知識を増やしていきましょう。身に着けた読書習慣は、きっと人生にも大きく影響するはずです。ぜひこの機会に登録してみてください。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

ぜひ、Twitterのフォローもよろしくお願いします。Twitterでは「#学級レク」のタグで、毎日レクの紹介をしています。また、新しいブログ記事の投稿もツイートでお知らせします!
Twitterはこちら

感想等もシェアしてもらえると嬉しいです!!!それでは、「レクで学級をHappyに!」

おすすめ書籍の紹介

1.「教職1年目の学級あそび大全」
 僕も執筆者の一人として参加しています!テーマ別に142ものレクが載っていますので、初任者さんはとりあえずこれ1冊あればしばらくレクには困らないかもしれません。




2.「よくわかる学級ファシリテーション①―かかわりスキル編― (信頼ベースのクラスをつくる)」
 ボクの教育感の礎になっていると言っても過言ではない本。若手のころから、何度も繰り返し読んでいます。クラス経営についてがメインですが、役立つゲームも載っています。レクだけでなく学級経営も知りたい方に。




3.「楽しみながら信頼関係を築くゲーム集 (プロジェクトアドベンチャーでクラスづくり)」
 プロジェクトアドベンチャー(PA)って知っていますか?僕の「レクで学級をHappyに」というモットーは、このPAを体験したり学んだりしたことから生まれました。楽しいだけでなく、楽しみながら学級経営につなげていくことができますよ。




4.「クラス全員がひとつになる学級ゲーム&アクティビティ100」
 こちらもプロジェクトアドベンチャーの手法を使ったゲーム集。イラストが豊富で見やすいですし、めあてや振り返りの視点、方法などについても分かりやすく解説してくれています。




 

 
この記事を書いた人
サンソン

「遊びの力は学びの力!」がモットー

 野外教育ゼミ→キャンプ&スキーインストラクター→小学校教員。このブログでは教員、大学生、保育士さん向けにレクリエーションを紹介していきます。

 2022年「みんなが楽しい学校レクリエーション 全点動画付き」全4巻出版。子供が見るために特化し、点数をしぼって分かりやすく紹介しています。

 Twitterのフォロワーさんは1万人越え。よろしければフォローお願いします。

サンソンをフォローする
5分でできる厳選レク5選
スポンサーリンク
サンソンをフォローする
サンソンの「レクで学級をHappyに!」
タイトルとURLをコピーしました