学級レク「安心なんでもバスケット」~必ず座れる安心を~

みんな 「サンソンの『サ』の字はどう書くの?」
サンソン「こー書いてこー書いて、こう書くの!」
みんな 「ギャハハハ」


何の場面だかわかりますか?そうです、しりもじ。罰ゲームです。みなさんも子供のころ、一度は目にしたり、やらされたりしたことがあるのではないでしょうか。僕は「負けた子をはずかしめて、みんなで笑いものにする」罰ゲームというのが好きではありません。


「なんでもバスケット」や「ハンカチ落とし」など、昔からの定番と言われるゲームには一人の敗者を決めるようなゲームが少なくありません。そこで、今回は全員分の椅子があって必ず座れる「安心なんでもバスケット」を紹介します!

スポンサーリンク

遊び方

概要:担任(レク係)が言ったお題に自分があてはまる時には、椅子から立ち上がって別の席に移動するゲームです。

対象:小学校低学年~
人数:何人でも
場所:教室
時間:10分~15分
準備:人数分の椅子


①椅子を輪の形に並べて、全員座ります。担任は輪の外に立ちます。


②担任がお題を出します(〇〇が好きな人、〇〇したことある人、など)
「野球が好きな人」
「沖縄に行ったことがある人」
「なんでもバスケット(全員、席を移動)」など


③質問に該当する人は席を立って、別の席に移動します。全員分の席があるので、必ず座ることができます。


以上を繰り返します。慣れてきたら、担任ではなく子供達がお題を言ってもいいです。ただしおにがいるわけではないので、希望制にするか出席番号順などで全員が体験できるようにしましょう。

スポンサーリンク

ポイント

基本的に何でもバスケットと同じ遊び方です。ただし鬼はおらず、全員分の席があるのが特徴。
「全員が座れるって、それって楽しいの?」と思うかもしれません。大丈夫、ちゃんと楽しいです。必ず席があることや罰ゲームがないことで、全員が安心して参加できます。

そして鬼になりたくてわざと遅れる子、ふざける子も出ません。


子供は体験から学びます。罰ゲームを行ったことで、「敗者に恥をかかせる」「失敗した人をみんなで笑う」という文化がクラスで日常的に行われるようになってしまったらどうでしょう?ゲームの中で体験的に学んだことは、知らず知らずのうちに実生活に入り込んでいくのです。


レクやゲームの主な目的は「みんなが楽しく、みんなが笑顔になること」と言っていいでしょう。それなのに「たった一人の敗者を決めて罰ゲームをさせる」。これでクラスがうまくいくでしょうか。Win-Win、つまり「あなたも楽しい、私も楽しい。」「勝っても楽しい、負けても楽しい」になるように意識してほしいと思います。

いかがでしたか?みんなが安心して楽しめる「安心なんでもバスケット」を紹介しました。罰ゲームに頼ることなく、「私もあなたも、みんなが楽しい」そんな体験を通して、温かい学級作りにつなげていってほしいと思います。

スポンサーリンク

著書の紹介

電子書籍
「ちょっとイジワルだけど子供に大うけする  謎解きミステリークイズ BEST16」
絶対に盛り上がるバスレク16連発!緑: 遠足、修学旅行のバスをもっと面白く!
絶対に盛り上がるバスレク16連発!赤: 遠足、修学旅行のバスをもっと面白く!

通常価格400円~480円ですが、Amazon Kindle unlimitedに登録していると無料で読むことができます。

登録していない方も、今なら1ヵ月無料で登録することができます。もちろん1ヵ月以内に解約したら費用はかかりません。ぜひこの機会に登録して、読んでみてください。

おススメ記事 ~安定した学級経営を目指そう~

五色百人一首 徹底解説
「五色百人一首 徹底解説!」~初心者向けの導入方法から、大会の開き方まで~
小学校教員におすすめの書籍5選!
小学校教員におすすめの書籍5選!~荒れない学級作りのために~
楽しみながら信頼関係を深める!協力型ゲーム5選
4月の学級開きにおすすめのレク5選!
小学生におすすめの タイピング練習サイト5選
小学生におすすめのタイピング練習サイト5選!!
 
この記事を書いた人

「遊びの力は学びの力!」がモットー

 野外教育ゼミ→キャンプ&スキーインストラクター→小学校教員。このブログでは教員、大学生、保育士さん向けにレクリエーションを紹介していきます。

 2022年「みんなが楽しい学校レクリエーション 全点動画付き」全4巻出版。子供が見るために特化し、点数をしぼって分かりやすく紹介しています。

 Twitterのフォロワーさんは1万人越え。よろしければフォローお願いします。

サンソンをフォローする
レク・ゲームお楽しみ会
スポンサーリンク
サンソンをフォローする
サンソンの「レクで学級をHappyに!」
タイトルとURLをコピーしました