学級レク「テレストレーション」~伝わらない!でもそれが面白い!~

概要:名前→イラスト→名前→イラストと交互にかいていく伝言ゲームです

 こんにちは、小学校教員のサンソンです。楽しい毎日を過ごしていますか?お楽しみ会のレクや、雨の日の休み時間に遊ぶアイデアとして、ボードゲームはいかがでしょうか。


 世の中にはたくさんのボードゲームがありますが、ちょっとした工夫や準備をするだけで、クラス全員で楽しめるものも多くあります!今回はイラストを使った伝言ゲーム「テレストレーション」を紹介します。


他にも教室でできるボードゲーム、紹介しています。合わせてご覧いただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

遊び方

対象:小学校中学年~
人数:6~8人のグループで
場所:教室
時間:15分~20分
準備:ボードゲーム「テレストレーション」、A4サイズの紙(一人2枚)


①4〜8人のグループをつくり、その中で順番を決めます。
1人あたり2枚、A4サイズの紙を配り4等分に切って8枚にしてもらいます。全て重ねて左上をホチキス留めします。下図参照

これがスケッチブック替わり。一人1セット作る



②各グループから一人ずつ順番に、担任にお題を聞きに行きます。
(担任はカードを引いて、8つほどお題を用意しておきましょう)
例:1番の人は「バイク」、2番の人は「梅干し」、3番の人は、、、


③それぞれ自席に戻り、1枚目にお題の名前を書きます(字で)そのまま隣の人に渡して、隣の人が2枚目に絵を描きます。


制限時間は60秒!うまい絵ではなく、より特徴をつかんだ絵を簡潔に描かなければなりません。絵が描けたら時計回りに、次の人へ回します

お題は「バイク」隣の人に渡します
2人目はバイクの絵を描きます。描けたら次の人へ

④絵を渡された人(3人目)は、その絵を見て何が描かれているのかを次のページに名前で記入(字で)します

⑤これを渡された人(4人目)は、この名前を見て、再び絵で表現です。 このように、イラスト→名前→イラスト→名前→イラスト→名前…と繰り返し、自分のお題が戻ってきたら終了です。

3人目は絵を見て名前を書きます。オートバイならセーフでしょう
4人目はまた絵を描きます。ちょっと微妙?
5人目。自転車になってしまいました。
完全に自転車ですね。。。

⑥全員、自分のお題が戻ってきたら終了です。皆で一枚目から順にめくり内容確認。イラストから名前。名前からイラストへ変換される変遷をみんなで楽しみます。特に勝ち負けはありません。純粋にパーティーゲームとしてみんなでお腹を抱えて笑っちゃいましょう!

スポンサーリンク

ポイント

①絵を描くゲームですが、絵が下手でも楽しめます。僕は自他共に認める「絵が下手な人」なのですが、このゲームは好きです。むしろ全員が上手なよりも、下手な絵が混ざるとそれがイレギュラーになって笑いがおこります。勝ち負けもないので、責められることもありません。


②自分なりにうまく描いたつもりが誤解され、それが連鎖して、最後に確認してみるとどんどんお題とはかけ離れたおかしな絵になっていくのもおかしくて盛り上がります。


③一応得点をつけて遊ぶこともできます。
得点の計算は2種類。一つは最初のお題から何人目まで正確に文字のお題が伝わったかを得点にする方法で、スタートの人から正確に文字のお題を書いた人までのあいだの人全員に得点を加算します。

もう一つは各スケッチブックのスタート時の持ち主が何点か得点を持ち、そのスケッチブックに描かれた全員の絵や文字の回答の中からファインプレー賞や好きな回答、おもしろい回答を選んでそのプレイヤーに直接点数を付与するコンペ方式です。お好みでどうぞ!

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?簡単ルールで誰でも楽しめるボードゲーム「テレストレーション」を紹介しました。一つ持っていれば、ちょっとした工夫でクラス全員同時に楽しめます。何度やっても爆笑が起こる、おすすめゲームです。お楽しみ会などで、先生の目玉レクとしていかがでしょうか。



では、最後にお知らせをさせてください。

「ちょっとイジワルだけど子供に大うけする  謎解きミステリークイズ BEST16」

という電子書籍を出版しています。

通常価格480円ですが、

Amazon Kindle unlimitedに登録していると無料で読むことができます。


しかも、今なら1ヵ月無料で登録することができます。

もちろん1ヵ月以内に解約したら、1円もかかりません。

小説やビジネス書、教育書もけっこうな数が無料で読むことができますよ。

専用の電子書籍リーダー(Kindle paperwhite等)がなくても、お手持ちのスマホやタブレットから気軽に読むことができます。

紙の本と違って、どこにでも簡単に持ち運べてちょっとしたスキマ時間にも読むことができるのが電子書籍のいいところ。

どんどん本を読み、知識を増やしていきましょう。身に着けた読書習慣は、きっと人生にも大きく影響するはずです。ぜひこの機会に登録してみてください。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

ぜひ、Twitterのフォローもよろしくお願いします。Twitterでは「#学級レク」のタグで、毎日レクの紹介をしています。また、新しいブログ記事の投稿もツイートでお知らせします!
Twitterはこちら

感想等もシェアしてもらえると嬉しいです!!!それでは、「レクで学級をHappyに!」

おすすめ書籍の紹介

1.「教職1年目の学級あそび大全」
 僕も執筆者の一人として参加しています!テーマ別に142ものレクが載っていますので、初任者さんはとりあえずこれ1冊あればしばらくレクには困らないかもしれません。




2.「よくわかる学級ファシリテーション①―かかわりスキル編― (信頼ベースのクラスをつくる)」
 ボクの教育感の礎になっていると言っても過言ではない本。若手のころから、何度も繰り返し読んでいます。クラス経営についてがメインですが、役立つゲームも載っています。レクだけでなく学級経営も知りたい方に。




3.「楽しみながら信頼関係を築くゲーム集 (プロジェクトアドベンチャーでクラスづくり)」
 プロジェクトアドベンチャー(PA)って知っていますか?僕の「レクで学級をHappyに」というモットーは、このPAを体験したり学んだりしたことから生まれました。楽しいだけでなく、楽しみながら学級経営につなげていくことができますよ。




4.「クラス全員がひとつになる学級ゲーム&アクティビティ100」
 こちらもプロジェクトアドベンチャーの手法を使ったゲーム集。イラストが豊富で見やすいですし、めあてや振り返りの視点、方法などについても分かりやすく解説してくれています。

 
この記事を書いた人
サンソン

「遊びの力は学びの力!」がモットー

 野外教育ゼミ→キャンプ&スキーインストラクター→小学校教員。このブログでは教員、大学生、保育士さん向けにレクリエーションを紹介していきます。

 2022年「みんなが楽しい学校レクリエーション 全点動画付き」全4巻出版。子供が見るために特化し、点数をしぼって分かりやすく紹介しています。

 Twitterのフォロワーさんは1万人越え。よろしければフォローお願いします。

サンソンをフォローする
お楽しみ会学校でできるボードゲーム
スポンサーリンク
サンソンをフォローする
サンソンの「レクで学級をHappyに!」
タイトルとURLをコピーしました