学級レク「ウミガメのスープ」~水平思考で謎解きに挑戦~

問題「1つのぬいぐるみに対し、女はそれをウサギのぬいぐるみだと言い、男はそれをクマのぬいぐるみだと言う。一体なぜ?」

みなさん、この謎が解けますか?答えはこの記事の最後に!


こんにちは、小学校教員のサンソンです。実はこのような謎解きを楽しめて、さらに友達とのコミュニケーション深まるゲームがあるんですよ。その名も「ウミガメのスープ」


ウミガメのスープとは、日本だけでなく、全世界で楽しまれている推理ゲームです。シチュエーションパズルや水平思考パズルとも呼ばれ、解くためには「仲間とのコミュニケーションや様々な発想」が大切です。


道具もいらず、短時間で楽しめますので、いくつか問題をストックしておくとちょっとしたスキマ時間に知的な遊びができますよ!

当ブログでは、これ以外にもたくさんのレクリエーションを紹介しています。以下のようにジャンル別、シーン別になっていますので、ぜひのぞいてみてください。

スポンサーリンク

遊び方

概要:問題に対してYes,Noだけで答えられる質問を繰り返し、真実にたどりつくゲームです 

対象:小学校中学年~
人数:8人ぐらいのグループだと楽しさ倍増。クラス全員でもできる。
場所:教室
時間:1問あたり5分~10分
準備:問題を数問

①出題者が、ある謎が書かれた問題を読みます。
(問題がセットになったものが売っています。記事の最後に紹介しています。ネットでもたくさん出てきます)

②出題者以外の人は、「YES」「NO」で答えられる質問を繰り返し、真相に迫っていきます。

③出題者は質問に対し、「YES」「NO」「どちらともいえない」を答えていきます。さらに追加で、「いい質問です」「非常に重要です」「ミスリード注意」「まとめてください」などの補足を言っても構いません。

では実際の流れを紹介します!

例題
「大勢の前に1人の男が現れた。しかし男はしゃべることなく、じっと手元の時計を見つめている。 一体なぜ?」

「大勢とは人間ですか?」→Yes
「男はトランプマンとかノッポさんの類ですか?」→No!
「大勢はしゃべっていますか?」→Yes!いい質問です
「大勢とは子供ですか?」→Yes!!重要です
「男は大人ですか?」→Yes!
「子供達はスポーツをしていますか?」→No!
「子供達は立っていますか?」Yes!
「男は笛を持っていますか?」→No.持っていないことが多いです
「男は教師ですか?」YesYesYes!非常にいい質問です
「子供達は朝礼で並んでいますか?」Yes!まとめてください。
「朝礼で先生が前に立ったのに騒がしいため、話を聞く態度ができるまで待っているのですね?」→おめでとう、正解です!!

答え
「男は校長先生。全校集会で挨拶のために出てきたが、生徒が騒がしかったので、静かになるまで何分かかるか、時計で時間を計っていたのだ。」

スポンサーリンク

ポイント

・担任が出題してクラス全員で答えても十分楽しいですが、それだと質問できる人が限られてしまいます。6~8人ぐらいのグループで出題者役と回答者役に分かれてやると、たくさん人が質問できてより楽しいです。問題は多めに用意しておきましょう。


・「たった数行の問題で、こんなの分かるわけないじゃん」そんな自分一人では解けないような問題も、みんなの力を合わせて質問を繰り返していくと少しずつ真相に近づいていきます。いろいろな視点から質問をすること(多様な考え方)がクリアへのカギ。「協力すること」の楽しさを実感できる、僕のお気に入りゲームです。


・ではここで、記事最初の問題の答えを。これ、僕の一番のお気に入り問題なんです。
森で熊に遭遇した父と娘。父は冷静に娘を伏せさせ、娘の持っていたウサギのぬいぐるみを熊に差し出す様に置いた。熊がぬいぐるみに興味を示しているからだ。

娘『ウサちゃんのぬいぐるみぃ~………涙』

父『シッ! ぬいぐるみはまた新しく買ってあげるから、あれはクマさんのものにしてあげてくれ………ごめんな。お前の安全の方が大切なんだ。』
父は泣き顔の娘を小声でなだめ、熊はやがてウサギのぬいぐるみをくわえて立ち去って行った。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?参加者のコミュニケーションと協力によって真相に辿り着く謎解きゲーム「ウミガメのスープ」を紹介しました。 2人以上なら何人いても楽しめます。小学生~中学生なら「ウミガメのスープ」、高校生以上なら「ブラックストーリーズ」がおすすめです。



では、最後にお知らせをさせてください。

「ちょっとイジワルだけど子供に大うけする  謎解きミステリークイズ BEST16」

という電子書籍を出版しています。

通常価格480円ですが、

Amazon Kindle unlimitedに登録していると無料で読むことができます。


しかも、今なら1ヵ月無料で登録することができます。

もちろん1ヵ月以内に解約したら、1円もかかりません。

小説やビジネス書、教育書もけっこうな数が無料で読むことができますよ。

専用の電子書籍リーダー(Kindle paperwhite等)がなくても、お手持ちのスマホやタブレットから気軽に読むことができます。

紙の本と違って、どこにでも簡単に持ち運べてちょっとしたスキマ時間にも読むことができるのが電子書籍のいいところ。

どんどん本を読み、知識を増やしていきましょう。身に着けた読書習慣は、きっと人生にも大きく影響するはずです。ぜひこの機会に登録してみてください。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

ぜひ、Twitterのフォローもよろしくお願いします。Twitterでは「#学級レク」のタグで、毎日レクの紹介をしています。また、新しいブログ記事の投稿もツイートでお知らせします!
Twitterはこちら

感想等もシェアしてもらえると嬉しいです!!!それでは、「レクで学級をHappyに!」

おすすめ書籍の紹介

1.「教職1年目の学級あそび大全」
 僕も執筆者の一人として参加しています!テーマ別に142ものレクが載っていますので、初任者さんはとりあえずこれ1冊あればしばらくレクには困らないかもしれません。




2.「よくわかる学級ファシリテーション①―かかわりスキル編― (信頼ベースのクラスをつくる)」
 ボクの教育感の礎になっていると言っても過言ではない本。若手のころから、何度も繰り返し読んでいます。クラス経営についてがメインですが、役立つゲームも載っています。レクだけでなく学級経営も知りたい方に。




3.「楽しみながら信頼関係を築くゲーム集 (プロジェクトアドベンチャーでクラスづくり)」
 プロジェクトアドベンチャー(PA)って知っていますか?僕の「レクで学級をHappyに」というモットーは、このPAを体験したり学んだりしたことから生まれました。楽しいだけでなく、楽しみながら学級経営につなげていくことができますよ。




4.「クラス全員がひとつになる学級ゲーム&アクティビティ100」
 こちらもプロジェクトアドベンチャーの手法を使ったゲーム集。イラストが豊富で見やすいですし、めあてや振り返りの視点、方法などについても分かりやすく解説してくれています。

 
この記事を書いた人
サンソン

「遊びの力は学びの力!」がモットー

 野外教育ゼミ→キャンプ&スキーインストラクター→小学校教員。このブログでは教員、大学生、保育士さん向けにレクリエーションを紹介していきます。

 2022年「みんなが楽しい学校レクリエーション 全点動画付き」全4巻出版。子供が見るために特化し、点数をしぼって分かりやすく紹介しています。

 Twitterのフォロワーさんは1万人越え。よろしければフォローお願いします。

サンソンをフォローする
5分でできるオンラインOKお楽しみ会協力型、信頼関係構築(PA)学校でできるボードゲーム
スポンサーリンク
サンソンをフォローする
サンソンの「レクで学級をHappyに!」
タイトルとURLをコピーしました