学級レク「バルバロッサ」~粘土を使った謎かけゲーム~

概要:粘土細工を作り、ほかの人の作品が何かを当てるゲームです


「粘土遊びってちょっと苦手。うまくできないし…」あ、僕のことです(笑)
今回は、そんな図工が苦手な人でも楽しく遊べるゲームを紹介します!


こんにちは、小学校教員のサンソンです。個人的にボードゲームも大好きで、100個以上所有しています。さて、クラスみんなで遊ぶアイデアとして、ボードゲームを活用するのはいかがでしょうか。世の中にはたくさんのボードゲームがありますが、ちょっとした工夫や準備をするだけで、みんなで楽しめるものも多くあるんです!

サンソン
サンソン

今回紹介するのは、「バルバロッサ」。粘土細工を作り、ほかの人は何を作ったのか正解することを目指す名作ボードゲームを、クラスでできるようにアレンジして紹介します。

「ドイツ年間ゲーム大賞1988」の大賞を受賞した作品ですので、面白さは折り紙付き!!図工の時間はもちろん、雨の日の休み時間に遊ぶこともできますよ。


今回の「バルバロッサ」のほかにも、教室でできるボードゲームをたくさん紹介しています。合わせてご覧いただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

遊び方

対象:小学校低学年~
人数:1グループ3~5人
場所:教室
時間:15分~25分
準備:油粘土、粘土板、作品を置く紙(1~6の部屋に分けておく)

①3~5人のグループになり、机をくっつけます。粘土、粘土板を用意します。


②粘土で作るお題を決めます。例えば「好きなもの」と「嫌いなもの」を一つずつ。
(お題を決めずにフリーで作ってもよいです。一人2作品あったほうが楽しめます。)


③各自、粘土細工を作ります。正解は何かを紙に控えておきます。(ほかの人には見せない)
 ※簡単すぎず、難しすぎない絶妙なバランスで作りましょう。


④机の中央にA4サイズ程度の紙を用意し、6つの部屋に分けて1~6まで番号を書きます。全員の粘土細工を「1」の部屋に置いたら、正解当てゲームの開始です。

「1」の部屋にすべての作品を置く




⑤適当な方法でスタートプレイヤーと順番を決めます。手番になったら以下の行動を行います。

 1.ほかの人の作品を1つ選びます。選ばれた作品は一つ先の部屋に動かします。
   (1の部屋にあった作品は2の部屋に移動)


 2.その作品に対して、作者にYesかNoで答えられる質問を3つします。
   (同じ粘土細工に対して、3回連続で質問します。途中で変えることはできません)

  例:「食べられるものですか?」「学校にありますか?」「生きていますか?」など


 3.質問をした作品に対して、答えを言います。→作者は、正解か不正解を伝えます。

  ・正解だった場合 → 正解した人に2点。粘土細工をゲームから取り除き、手番終了。

   作った人にも得点が入ります。得点は、作品の置いてあった部屋に応じて得点が変わります。
   「1」の部屋・・・0点
   「2」の部屋・・・0点
   「3」の部屋・・・1点
   「4」の部屋・・・2点
   「5」の部屋・・・2点
   「6」の部屋・・・1点

  不正解だった場合 → 手番終了。
   選んだ粘土細工が「6」の部屋にあった場合は、作者の得点をー1点し、粘土細工をゲームから取り除く。
  


⑥得点はメモをするか、余った粘土で球でも作って取るようにします。これを繰り返していき、全ての粘土細工がゲームから取り除かれたらゲーム終了です。最も得点の高いプレイヤーが勝者となります。

 製品版はこちらです。今回のルールは簡易版ですが、製品版にはもう少し複雑なルールがあります。さいころを振って、あるマスに止まらないと質問ができなかったり、答えを言うのに割り込みができたりします。粘土もカラフルですし、家族や友人と遊んでも楽しいですよ!

スポンサーリンク

ポイント

①このゲームの大切なポイントは、自分の粘土が簡単すぎたり、誰にも当てられなかったりしたら得点が得られないというところです。つまり、作りこみ過ぎてわかりやすくしても駄目だし、適当に作って全然当てられないようにしてもダメということです。この辺のあいまいさが、図工が苦手な人にも楽しく遊べる要因になっています。


②質問することでヒントをもらうことができますので、一目見ただけではわからないぐらいデフォルメした作品を作るのがコツです。


③「絶対あれだ!」と思っても違ったり、質問をするたびに「えー!うそでしょ!?」とドツボにハマったりしてしまいます。そして突然ビビッとひらめく答えに大興奮!おすすめです。


④製品版がなくても、学校にある油粘土を使えば気軽に遊ぶことができます。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?粘土を使った謎かけゲーム「バルバロッサ」を紹介しました。図工の時間やお楽しみ会はもちろん、雨の日の遊びとしてもおすすめです。

では、最後にお知らせをさせてください。

「ちょっとイジワルだけど子供に大うけする  謎解きミステリークイズ BEST16」

という電子書籍を出版しています。

通常価格480円ですが、

Amazon Kindle unlimitedに登録していると無料で読むことができます。


しかも、今なら1ヵ月無料で登録することができます。

もちろん1ヵ月以内に解約したら、1円もかかりません。

小説やビジネス書、教育書もけっこうな数が無料で読むことができますよ。

専用の電子書籍リーダー(Kindle paperwhite等)がなくても、お手持ちのスマホやタブレットから気軽に読むことができます。

紙の本と違って、どこにでも簡単に持ち運べてちょっとしたスキマ時間にも読むことができるのが電子書籍のいいところ。

どんどん本を読み、知識を増やしていきましょう。身に着けた読書習慣は、きっと人生にも大きく影響するはずです。ぜひこの機会に登録してみてください。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

ぜひ、Twitterのフォローもよろしくお願いします。Twitterでは「#学級レク」のタグで、毎日レクの紹介をしています。また、新しいブログ記事の投稿もツイートでお知らせします!
Twitterはこちら

感想等もシェアしてもらえると嬉しいです!!!それでは、「レクで学級をHappyに!」

おすすめ書籍の紹介

1.「教職1年目の学級あそび大全」
 僕も執筆者の一人として参加しています!テーマ別に142ものレクが載っていますので、初任者さんはとりあえずこれ1冊あればしばらくレクには困らないかもしれません。




2.「よくわかる学級ファシリテーション①―かかわりスキル編― (信頼ベースのクラスをつくる)」
 ボクの教育感の礎になっていると言っても過言ではない本。若手のころから、何度も繰り返し読んでいます。クラス経営についてがメインですが、役立つゲームも載っています。レクだけでなく学級経営も知りたい方に。




3.「楽しみながら信頼関係を築くゲーム集 (プロジェクトアドベンチャーでクラスづくり)」
 プロジェクトアドベンチャー(PA)って知っていますか?僕の「レクで学級をHappyに」というモットーは、このPAを体験したり学んだりしたことから生まれました。楽しいだけでなく、楽しみながら学級経営につなげていくことができますよ。




4.「クラス全員がひとつになる学級ゲーム&アクティビティ100」
 こちらもプロジェクトアドベンチャーの手法を使ったゲーム集。イラストが豊富で見やすいですし、めあてや振り返りの視点、方法などについても分かりやすく解説してくれています。

 
この記事を書いた人
サンソン

「遊びの力は学びの力!」がモットー

 野外教育ゼミ→キャンプ&スキーインストラクター→小学校教員。このブログでは教員、大学生、保育士さん向けにレクリエーションを紹介していきます。

 2022年「みんなが楽しい学校レクリエーション 全点動画付き」全4巻出版。子供が見るために特化し、点数をしぼって分かりやすく紹介しています。

 Twitterのフォロワーさんは1万人越え。よろしければフォローお願いします。

サンソンをフォローする
オンラインOKお楽しみ会休み時間学校でできるボードゲーム
スポンサーリンク
サンソンをフォローする
サンソンの「レクで学級をHappyに!」
タイトルとURLをコピーしました