学級レク「ワープスピード」~え!?こんなに早くなるの!?~

昔からSFやドラえもんが好きだったからか、「ワープ」という言葉を聞くと、なんだかワクワクします。みなさんはどうですか?

こんにちは、小学校教員のサンソンです。楽しい毎日を過ごしていますか?
実はボール1個で楽しめてワープ気分が味わえるゲームがあるんですよ。その名も「ワープスピード」。なんだか聞くだけでわくわくしてきませんか?

簡単ルールで楽しいのに集中力や仲間との協力、さらには発想力が必要なレクなんです!協力型ですから、クラスの信頼関係を高めるという目的でもオススメです。

スポンサーリンク

●遊び方●

グループで決まった順番でボールをパスし合い、なるべく短い時間でボールを一周させるゲームです。

対象:小学校中学年~
人数:1グループ7~10人
場所:教室
時間:20分~25分
準備:柔らかいボールやぬいぐるみをグループに1個

①グループで輪になって1人がボール(ぬいぐるみ等でもOK)を持ちます。

②同じ人に2回渡さないようにパスを回していきます。(誰に渡したか覚えておきましょう)


③1周したら最初の人に返します。その後、順番の確認します
(その時、タイムを測っておきましょう)


回す順番を変えずに、どれだけタイムを早くできるかチャレンジします!

スポンサーリンク

◆ポイント◆

※チャレンジするたびにタイムを計り、グループごとに黒板などに書いておきましょう。タイムがどんどん短くなるのを可視化します。他のグループへの刺激にもなりますね


※最初は10秒くらいかかっていたのが、パス回しが早くなると3秒ほどになるでしょう。でも、実はそこからが勝負です。子供に何を聞かれても「回す順番は変えない」「落とさない」とだけ伝えましょう。


※「並び方を変えてもいいんじゃない?」「もしかして投げなくてもいいんじゃない?」そこに気づけると、色々なアイデアが出てきます。チームで話し合い、色々なアイデアでトライ&エラーを繰り返すと、最終的に1秒を切ってくるチームも出てくるんです!まさに「ワープ」。(ただし、最初の人が持ったままで次々とみんなで触るというのはナシかなあ。パスしてないですから。そこは臨機応変に認めてもいいかもしれません。)


※はじめの記録と比較して、「こんなに早くなると思った?」「どうしてこんなに記録が伸びたの?」と振り返りをしてみましょう。


※僕が子供達とやった時に出たアイデアとしては、「手のひらをつなげて、転がす作戦」「両手でお皿を作ったものを上下につなげ、落としていく作戦」「人差し指だけをつなげて転がす作戦」などが出ました。みなさんのクラスではどんなアイデアが出てくるでしょうか?


※ボールはこのあたりの、柔らかいスポンジボールがおすすめです。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?準備が簡単なのに楽しい。そしてみんなの集中や協力、発想力が試される「ワープスピード」を紹介しました。協力型で達成感を味わえるこのレク。学級開きはもちろん、1年間の締めとしてもおすすめです。

協力型のいいところは、達成感を味わえて、信頼関係が高まるところですよね。僕もたくさん紹介していきたいと思います。



では、最後にお知らせをさせてください。

「ちょっとイジワルだけど子供に大うけする  謎解きミステリークイズ BEST16」

という電子書籍を出版しています。

通常価格480円ですが、

Amazon Kindle unlimitedに登録していると無料で読むことができます。


しかも、今なら1ヵ月無料で登録することができます。

もちろん1ヵ月以内に解約したら、1円もかかりません。

小説やビジネス書、教育書もけっこうな数が無料で読むことができますよ。

専用の電子書籍リーダー(Kindle paperwhite等)がなくても、お手持ちのスマホやタブレットから気軽に読むことができます。

紙の本と違って、どこにでも簡単に持ち運べてちょっとしたスキマ時間にも読むことができるのが電子書籍のいいところ。

どんどん本を読み、知識を増やしていきましょう。身に着けた読書習慣は、きっと人生にも大きく影響するはずです。ぜひこの機会に登録してみてください。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

ぜひ、Twitterのフォローもよろしくお願いします。Twitterでは「#学級レク」のタグで、毎日レクの紹介をしています。また、新しいブログ記事の投稿もツイートでお知らせします!
Twitterはこちら

感想等もシェアしてもらえると嬉しいです!!!それでは、「レクで学級をHappyに!」

おすすめ書籍の紹介

1.「教職1年目の学級あそび大全」
 僕も執筆者の一人として参加しています!テーマ別に142ものレクが載っていますので、初任者さんはとりあえずこれ1冊あればしばらくレクには困らないかもしれません。




2.「よくわかる学級ファシリテーション①―かかわりスキル編― (信頼ベースのクラスをつくる)」
 ボクの教育感の礎になっていると言っても過言ではない本。若手のころから、何度も繰り返し読んでいます。クラス経営についてがメインですが、役立つゲームも載っています。レクだけでなく学級経営も知りたい方に。




3.「楽しみながら信頼関係を築くゲーム集 (プロジェクトアドベンチャーでクラスづくり)」
 プロジェクトアドベンチャー(PA)って知っていますか?僕の「レクで学級をHappyに」というモットーは、このPAを体験したり学んだりしたことから生まれました。楽しいだけでなく、楽しみながら学級経営につなげていくことができますよ。




4.「クラス全員がひとつになる学級ゲーム&アクティビティ100」
 こちらもプロジェクトアドベンチャーの手法を使ったゲーム集。イラストが豊富で見やすいですし、めあてや振り返りの視点、方法などについても分かりやすく解説してくれています。

 
この記事を書いた人
サンソン

「遊びの力は学びの力!」がモットー

 野外教育ゼミ→キャンプ&スキーインストラクター→小学校教員。このブログでは教員、大学生、保育士さん向けにレクリエーションを紹介していきます。

 2022年「みんなが楽しい学校レクリエーション 全点動画付き」全4巻出版。子供が見るために特化し、点数をしぼって分かりやすく紹介しています。

 Twitterのフォロワーさんは1万人越え。よろしければフォローお願いします。

サンソンをフォローする
お楽しみ会協力型、信頼関係構築(PA)
スポンサーリンク
サンソンをフォローする
サンソンの「レクで学級をHappyに!」
タイトルとURLをコピーしました