学級レク「走って三目並べ」~ウォーミングアップに最適!~

概要:3×3の枠にリレー形式でビブスを置き、3目並べたチームの勝ち


三目並べ(〇×ゲーム)はご存じでしょうか。定番の紙ペンゲームですから、きっと皆さん一度はやったことがあるのではないでしょうか。そして、「必ず引き分けにできる」「あまり面白くない」そんなイメージを持っている方も多いかもしれません。


実は、その三目並べを全身で楽しめて、しかも必ず勝敗がつくレクがあるんです

サンソン
サンソン

こんにちは。小学校教員のサンソンです。今回は「走って三目並べ」というレクを紹介します!体育のウォーミングアップにも最適ですよ。


このほかにも、いろいろなレクをシーン別に厳選している「レク5選」の記事も書いています。合わせてお読みいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

遊び方

対象:小学校中学年~
人数:1チーム3~4人の2チーム対戦。場を複数作れば、何人でもOK
場所:体育館など
時間:3分~5分
準備:ケンステップなど目印にできるもの、ビブス(2色以上)

①ケンステップやフラフープなどの輪を3×3の形に並べます。


②10mほど離れたところにスタートラインを設定します。


③3~4名×2チームで対戦します。各チーム、自分のチーム色のビブスを3枚(4人でも3枚)持ちます。


④スタートしたら先頭の人が走って、輪の中にビブスを入れます。(同じ輪の中には、ビブスは1つしか入れられません)→戻って次の人にタッチ!


⑤先に一列(三目)揃ったチームの勝ちです。


※ビブスは1チームに3着しかありません。4人目(2周目)からは、何も持たずに走り、置いてあるビブスを動かすようにします。

参考動画

スポンサーリンク

ポイント

①普通の三目並べと違うのは、一度置いた目印を移動できること。このルールにより、引き分けを無くし必ず勝負がつくようになります。


②全力で走った後、瞬時の判断でビブスを置く(入れ替える)という、走るだけではなく判断力が鍛えられるゲームです。最初のうちは、はじめの3人だけで勝負がつくこともありますが、やっているうちに長い勝負ができるようになりますよ。

三目並べを進化させた名作ボードゲームと言えばこれ、「ゴブレットゴブラーズ」。大中小のコマがあり、小さいコマの上に大きなコマをかぶせることができます。教室に置いておくと盛り上がりますよ。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?瞬時の判断で勝敗が分かれるレク「走って三目並べ」を紹介しました。全力で走りますからウォーミングアップとしてもよいですし、単純にレクとして遊んでも楽しいです。ぜひ、試してみてくださいね。

では、最後にお知らせをさせてください。

「ちょっとイジワルだけど子供に大うけする  謎解きミステリークイズ BEST16」

という電子書籍を出版しています。

通常価格480円ですが、

Amazon Kindle unlimitedに登録していると無料で読むことができます。


しかも、今なら1ヵ月無料で登録することができます。

もちろん1ヵ月以内に解約したら、1円もかかりません。

小説やビジネス書、教育書もけっこうな数が無料で読むことができますよ。

専用の電子書籍リーダー(Kindle paperwhite等)がなくても、お手持ちのスマホやタブレットから気軽に読むことができます。

紙の本と違って、どこにでも簡単に持ち運べてちょっとしたスキマ時間にも読むことができるのが電子書籍のいいところ。

どんどん本を読み、知識を増やしていきましょう。身に着けた読書習慣は、きっと人生にも大きく影響するはずです。ぜひこの機会に登録してみてください。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

ぜひ、Twitterのフォローもよろしくお願いします。Twitterでは「#学級レク」のタグで、毎日レクの紹介をしています。また、新しいブログ記事の投稿もツイートでお知らせします!
Twitterはこちら

感想等もシェアしてもらえると嬉しいです!!!それでは、「レクで学級をHappyに!」

おすすめ書籍の紹介

1.「教職1年目の学級あそび大全」
 僕も執筆者の一人として参加しています!テーマ別に142ものレクが載っていますので、初任者さんはとりあえずこれ1冊あればしばらくレクには困らないかもしれません。




2.「よくわかる学級ファシリテーション①―かかわりスキル編― (信頼ベースのクラスをつくる)」
 ボクの教育感の礎になっていると言っても過言ではない本。若手のころから、何度も繰り返し読んでいます。クラス経営についてがメインですが、役立つゲームも載っています。レクだけでなく学級経営も知りたい方に。




3.「楽しみながら信頼関係を築くゲーム集 (プロジェクトアドベンチャーでクラスづくり)」
 プロジェクトアドベンチャー(PA)って知っていますか?僕の「レクで学級をHappyに」というモットーは、このPAを体験したり学んだりしたことから生まれました。楽しいだけでなく、楽しみながら学級経営につなげていくことができますよ。




4.「クラス全員がひとつになる学級ゲーム&アクティビティ100」
 こちらもプロジェクトアドベンチャーの手法を使ったゲーム集。イラストが豊富で見やすいですし、めあてや振り返りの視点、方法などについても分かりやすく解説してくれています。

 
この記事を書いた人
サンソン

「遊びの力は学びの力!」がモットー

 野外教育ゼミ→キャンプ&スキーインストラクター→小学校教員。このブログでは教員、大学生、保育士さん向けにレクリエーションを紹介していきます。

 2022年「みんなが楽しい学校レクリエーション 全点動画付き」全4巻出版。子供が見るために特化し、点数をしぼって分かりやすく紹介しています。

 Twitterのフォロワーさんは1万人越え。よろしければフォローお願いします。

サンソンをフォローする
5分でできる授業で使える
スポンサーリンク
サンソンをフォローする
サンソンの「レクで学級をHappyに!」
タイトルとURLをコピーしました