低学年の準備運動に。楽しく踊れるリズム体操5選!

突然ですが小学校教員のみなさん。低学年体育の準備運動、どうしてますか?周りの教員の方を見ていると、自分たちが子供のころにやっていたように、かけ声をかけながら、屈伸運動や伸脚運動をする方が多い。と感じています。ですが、僕はそれはやりません。毎回、音楽に合わせた「リズム体操」を行っています。

サンソン
サンソン

こんにちは、小学校教員のサンソンです。楽しい毎日を過ごしていますか?低学年の体育は、とにかく楽しみながらいろいろな運動経験をさせることが重要だと思います。1年間ずっと同じ準備運動ではなく、バリエーションをもたせたリズム体操を取り入れてみませんか?



今回は僕が実際に体育で取り入れているリズム体操の中から、子供達にも人気があって楽しく踊れるものを5つ厳選してお伝えします。全てにおいて、参考動画のURLを貼ってありますので、よければそちらもご覧ください。


もちろん、幼稚園・保育園の先生方にもおすすめです!
また、他にもたくさんの「レク5選」記事を書いています。合わせてお読みいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

かえるのたいそう

歌詞がダジャレの連続。「まずは後ろに反りかえる」「次は後ろをふりかえる」などかえるのたいそうだけに、かえるネタ(笑)


でもそれが低学年の子にハマるんです。休み時間にも歌う姿が見られますよ。


この動画の内容だと少し運動量が少ないので、僕がやる時は足踏みの所をかけあしでやります。1曲3分で、息があがるぐらい動けますよ!

スポンサーリンク

ラーメンたいそう

授業の導入で唐突に「みなさん、好きなラーメンの味は何ですか?みそ味の人?醤油味の人?塩味?とんこつ味?」のように子供達に問いかけをしてみましょう!


「うんうん。ラーメンっておいしいよね!!そこで今日は、ラーメン体操をします!」と宣言しましょう(笑)はじめはポカンとするでしょうが、ひとたびやるとこれがおもしろい。


「あぁ。ラーメンが食べたい。」この体操を踊った後はみんなの頭の中はこうなります。この体操でも、運動量が欲しいときは足踏みのところをかけあしにするといいですよ。

スポンサーリンク

ラベンダー体操

今回紹介するリズム体操の中で、一番ハードなのがこのラベンダー体操です。心拍数が上がるだけでなく、ダイナミックストレッチがうまく取り入れられていて、準備運動として申し分ありません。


ちなみに名前の由来は、考案した先生が「振り付けも決まった、曲も決まった。あとは名前だけ。」となった時に、たまたま自宅の近くに咲いていたラベンダーの花が目に入り、そこから取ったのだとか。


さらに上級編の「疾風(はやて)」バージョンというのもあるのですが、さらにハードになっています。そちらは中学年はもちろん高学年や中学生でも十分に身体を動かせますよ。

パイナポー体操

「みんなの好きな果物はなに?うんうん、リンゴ、メロン、いちご。どれもおいしいよねー。実は、先生の一番好きな果物は、パイナップルなんです!」そんな語りから入りましょう。


そして、「パイナップルが好きすぎて、パイナポー体操をマスターしてきました!」などと話して行うとつかみはOK!(本当かぁ?)


とにかく。パイナップルになりきって踊る体操。「ぷるぷるゆれる」ところがかわいいです。振り付けも簡単で、繰り返しが多いので、すぐに覚えることができますよ。それでいて内容は、常にかけ足。運動量も豊富です。


最後のポーズを自分で考えさせるところも、個性が出ておもしろいです。はじめはなかなか思いつかないと思います。担任の先生が思いっきり変なポーズをして笑いを取っちゃうのもいいですね!

ペンギンのプールたいそう

低学年のプールで踊るのがこれ。めちゃくちゃかわいいです。プールサイドでペンギンのまねっこをしながら踊る姿に、先生方が癒されること間違いなし。「ペンペンペン♪」というリズムと歌詞も、頭から離れなくなるかもしれません。


踊った後にシャワーを浴びることが多いと思いますが、プールサイドを「ペンギン歩き」でよちよち歩いていくようにすると、走る子もでません。あとかわいい。おすすめです。

最後に

 いかがでしたか?低学年の体育で準備運動に使えるリズム体操5選を紹介しました。若手のみなさんはどんな準備運動をすればよいかと迷うこともあるかもしれません。体育は子供達に人気の教科だけに、学級経営にも直結してきます。

子供達と先生の信頼関係、子供たち同士の信頼関係。これをどう築いていくか、不安もあることでしょう。ここで挙げたリズム体操が役に立ってくれたら嬉しいです。



では、最後にお知らせをさせてください。

「ちょっとイジワルだけど子供に大うけする  謎解きミステリークイズ BEST16」

という電子書籍を出版しています。

通常価格480円ですが、

Amazon Kindle unlimitedに登録していると無料で読むことができます。


しかも、今なら1ヵ月無料で登録することができます。

もちろん1ヵ月以内に解約したら、1円もかかりません。

小説やビジネス書、教育書もけっこうな数が無料で読むことができますよ。

専用の電子書籍リーダー(Kindle paperwhite等)がなくても、お手持ちのスマホやタブレットから気軽に読むことができます。

紙の本と違って、どこにでも簡単に持ち運べてちょっとしたスキマ時間にも読むことができるのが電子書籍のいいところ。

どんどん本を読み、知識を増やしていきましょう。身に着けた読書習慣は、きっと人生にも大きく影響するはずです。ぜひこの機会に登録してみてください。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

ぜひ、Twitterのフォローもよろしくお願いします。Twitterでは「#学級レク」のタグで、毎日レクの紹介をしています。また、新しいブログ記事の投稿もツイートでお知らせします!
Twitterはこちら

感想等もシェアしてもらえると嬉しいです!!!それでは、「レクで学級をHappyに!」

おすすめ書籍の紹介

1.「教職1年目の学級あそび大全」
 僕も執筆者の一人として参加しています!テーマ別に142ものレクが載っていますので、初任者さんはとりあえずこれ1冊あればしばらくレクには困らないかもしれません。




2.「よくわかる学級ファシリテーション①―かかわりスキル編― (信頼ベースのクラスをつくる)」
 ボクの教育感の礎になっていると言っても過言ではない本。若手のころから、何度も繰り返し読んでいます。クラス経営についてがメインですが、役立つゲームも載っています。レクだけでなく学級経営も知りたい方に。




3.「楽しみながら信頼関係を築くゲーム集 (プロジェクトアドベンチャーでクラスづくり)」
 プロジェクトアドベンチャー(PA)って知っていますか?僕の「レクで学級をHappyに」というモットーは、このPAを体験したり学んだりしたことから生まれました。楽しいだけでなく、楽しみながら学級経営につなげていくことができますよ。




4.「クラス全員がひとつになる学級ゲーム&アクティビティ100」
 こちらもプロジェクトアドベンチャーの手法を使ったゲーム集。イラストが豊富で見やすいですし、めあてや振り返りの視点、方法などについても分かりやすく解説してくれています。

 
この記事を書いた人
サンソン

「遊びの力は学びの力!」がモットー

 野外教育ゼミ→キャンプ&スキーインストラクター→小学校教員。このブログでは教員、大学生、保育士さん向けにレクリエーションを紹介していきます。

 2022年「みんなが楽しい学校レクリエーション 全点動画付き」全4巻出版。子供が見るために特化し、点数をしぼって分かりやすく紹介しています。

 Twitterのフォロワーさんは1万人越え。よろしければフォローお願いします。

サンソンをフォローする
厳選レク5選授業で使える
スポンサーリンク
サンソンをフォローする
サンソンの「レクで学級をHappyに!」
タイトルとURLをコピーしました