記事内に広告が含まれています。

カフートのゲームモード完全ガイド

カフートのゲームモード

「カフートのおすすめモードが知りたい」

「それぞれのゲームモードの特徴をしりたい」

「まずはカフートを使ってみたい」

そんなみなさんに、カフートについて徹底解説します!

サンソン
サンソン

こんにちは。小学校教員のサンソンです。このブログでは、小中学校の教員、大学生、保育士、レク係の子供たち等に向けて、レクリエーションの発信をしています。

次々と増えているカフートのゲームモード、どれを選んだらいいか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。各モードの特徴や遊び方について解説します!

基本的なあそび方やクイズの作り方などについては、下記の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

カフートの基本ゲームモード

Kahoot!にはたくさんのゲームモードがあり、次々と新しい遊び方が追加されていますが、基本的なモードは「クラシック」と「チーム」です。

クラシックモード
 個人戦の基本的なクイズ大会。1問ずつ、全員同時に出題されます。1問ごとの制限時間が終わると、正解と途中順位が発表されます。

チームモード
 参加者が自動的に2チームに割り振られ、チーム対戦をします。


それ以外のモードは有料のものと、期間限定で無料公開されている(2024年2月現在)ものがあります!それぞれ、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

カラーキングダム

概要:2チームで対戦。より多くの陣地を塗った方の勝ち!



まるでスプラトゥーンのような試合が楽しめるのが、この「カラーキングダム」モード。2チームに分かれ、問題に答えていくと陣地を塗ることができます。


全員同時にプレーしますが、進度は人によって異なります。(早く答えた子はどんどん次の問題へ行ける)そのため、通常モードのように待ち時間なく学習(楽しむ)ことができます。


20~30人で同時にやることもできますが、より楽しむには4人対4人(8人)程度でやることをおすすめします!その方がスプラトゥーンっぽいですし(笑)

①まずは、カラーキングダムモードを選びます。参加者は通常のクイズと同様に「ゲームPIN」と「ニックネーム」を入力します。主催者のPC(テレビなどにつなぐ)には、各チームのメンバーが表示されます。全員の準備が整ったらスタートしましょう!(今回は2人プレーにしてみます)

②通常のクイズと同様に問題が出されますので、答えていきましょう!数問正答すると、以下のような画面になります。

③「旗を立てる準備をしよう!」と表示されますので、「次へ」をタップします。

④フィールドが表示されますので、旗を立てたい(色を塗りたい)場所をタップします。塗れるのは、味方の陣地に隣接している所だけです。(画面で旗マークのあるところ)

⑤特殊ルールその1「囲みボーナス」
フィールドを自陣の色で囲むと中の部分も獲得できます。


上図では、→のマスを塗れば〇で囲った部分も自陣として獲得することができます。1マスずつ塗るよりも効率よく陣地を拡大できます。

1マス塗っただけで、4マス分の陣地を獲得することができました。このボーナスを狙って、仲間と相談・協力しながらプレーするのも楽しいです。

⑥特殊ルールその2「相手陣地を塗り返す」

大人気ゲーム「スプラトゥーン」のように、相手の色を塗り返すこともできます。(自分の陣地に隣接していること)

これにより、自陣の拡大を狙う(攻める)か、相手の囲みボーナスを阻止(守る)するかの駆け引きが楽しめます。チーム内で攻撃と守備の役を分担するのもいいですね。

⑦制限時間が終わると、結果発表になります。何度でも繰り返し遊びたくなりますね!!

スポンサーリンク

宝箱

概要:個人戦。自分のペースでクイズを解いていき、宝石をタップして得点を集めるゲーム



飛んでくる宝石をタップで集めて高得点を目指すのが、この「トレジャートローブ」モード。問題に答えていくと、宝石ゲットタイムがやってきます。ゴミをタップしないように気を付けながら、高得点を目指しましょう。


こちらも全員同時にプレーしますが、進度は人によって異なります。(早く答えた子はどんどん次の問題へ行ける)そのため、通常モードのように待ち時間なく学習(楽しむ)ことができます。

①まずは、トレジャートローブモードを選びます。参加者は通常のクイズと同様に「ゲームPIN」と「ニックネーム」を入力します。主催者のPC(テレビなどにつなぐ)には、各チームのメンバーが表示されます。全員の準備が整ったらスタートしましょう!(今回は2人プレーにしてみます)


②通常のクイズと同様に、問題に答えていきます。自分のペースで進みますので、早く答えた人はどんどん次の問題に挑戦することができます。(得点チャンスが増えます)


数問、正解すると「宝石ゲットタイム」になります。画面上に様々なアイテムが飛んできます。お邪魔アイテムを触らないように気を付けながら、宝石をゲットしていきましょう!

宝石は種類によって得点が異なります。(100点、500点、1000点など)どの宝石を優先して取りにいくかを瞬時に判断することが、得点を伸ばすコツです。

③お邪魔アイテム(骨や空き缶など)をタップしてしまうと、マイナス得点になってしまいます。



④主催者側のPCには、参加者の得点がリアルタイムで更新されていきます。これを見ながら実況していくのも盛り上がります!!
「おーっとサンソンさんが逆転!現在2000点でトップです!!」

⑤制限時間が終了すると、結果発表。ベスト3の表彰があります。

通常のクイズと違って、答えた後にほかの人の解答を待つ時間がありませんから、効率よく学習することができますね。

サブマリン隊

概要:全員協力型。クイズに答えて潜水艦を走らせ、怪獣から逃げよう!


モンスターハンターやスプラトゥーンのサーモンランのように、全員が協力してクリアを目指すモードが、この「サブマリンスカッド(潜水艦部隊)」モード。


問題に答えていくと潜水艦を走らせることができます。怪獣に追いつかれる前に、逃げ切ることができるしょうか。クイズだけでなく、特定の記号を言葉だけで伝えるミッションもやりごたえ十分!

①ゲームの始め方は他の物と同様ですので割愛します。

ゲームが始まると、主催者側のPCには上のような画面が表示されます。画面左から、怪獣が迫ってきますので、追いつかれる前に潜水艇を加速させましょう!

②参加者側の画面です。通常のクイズと同様に、問題に答えていきます。


③数問答えると、上のような画面になります。ボタンを長押しすることで潜水艇を走らせることができます。

④潜水艇が走るたびに、画面上部のゲージが増えていきます。満タンになれば、そのレベルはクリア!徐々に怪獣の口が開いてくるところも、参加者の焦りを誘います。


⑤ちなみに間に合わないと、怪獣に食べられてしまいます。1ゲームで1回までなら、食べられてもそのレベルの最初からやり直すことができます。2回食べられてしまったらゲームオーバーです。


⑥1つのレベルをクリアすると、次のステージに進むための「ダイビングの時間」というミッションが始まります。


⑦ダイビングの時間では、ランダムに1~数名が選ばれます。主催者は、誰が選ばれたか名前を読んであげるとよいでしょう。


選ばれた人は、画面に表示される記号について、他のメンバーに説明をすることになります。制限時間内にミッションをクリアできれば、次のレベルに進むことができます。


⑧説明する側の画面。この記号を、チームのみんなに伝えます。これなら簡単ですね。「上向きの矢印!」と言えばよいでしょう。


レベルが上がるにしたがって、説明するのが難しい記号になっていきます。僕のクラスでは、「画面をみんなに見せるのはだめ」というルールでやっています。記号のことをうまく説明する力も大切ですね。

⑨説明を聞く側の画面。選択肢の中から、ひとつを選んでタップします。一度のミッションで数問に答える必要があります。


レベルが上がっていくと、選択肢の数が増えていきます。

⑩ミッションに成功すると、潜水艇が潜って次のレベルに進みます。また怪獣が追ってきますので、問題に答えて逃げるというのを繰り返します。

⑪設定時間によって上限レベルには差がありますが、なぜか設定レベル+1まであります(笑)そこまでクリアするか、制限時間がなくなったらゲーム終了です。


終了後は、貢献度の高かったメンバーの発表があります。(最速解答、正答率、ブースト数など)

チルアート

概要:全員協力型。クイズに答えてパズルのピースをあてはめ、絵を完成させましょう。


サブマリンスカッドよりも、のんびりとした雰囲気で協力プレイが楽しめるのが「チルアート」モードです。

①ゲームを始めると、投票画面になります。完成する絵の一部だけを見て、好みのものに投票します。最多票を集めた絵に決まります。

②クイズに答えていくと、絵筆ポイントが貯まります。貯まったポイントを使って、パズルのピースを塗っていきます。画面下の数字を一つ選び、同じ番号をタップしていくことでピースを埋めていきます。全員で、同じ一つの絵を協力して塗っていきます。

③出題者画面には、全員が協力して塗っている途中経過が表示されます。時間制限もありますが、過ぎてしまっても、完成するまで延長可能です。(出題者が続行か終了か選ぶことができます)

④完成すると、絵のタイトルと作者も紹介されます。

トールタワー (宇宙征服)

概要:2~4チームに分かれてのチーム対戦。一番高いタワーを建てたチームの勝ち。


建築の途中で出てくるモンスターを相手チームに送り込んで、建築の邪魔をしましょう。

※「宇宙征服」モードは、出てくるモンスターや音楽が違うだけで同じ遊び方です。

①メンバーをチームに分けていきます。最大4チームで対戦が可能です。

②クイズに正解すると、ビルディングブロックが手に入ります。建てたいビルの横幅は3マス分(明るくなっている部分)。ブロックは左右に動いていますので、タイミングを計ってタップし、落とします。

ブロックが動く速さは、ゲームが進んでいくとどんどん速くなり、狙ったところに落とすのが難しくなります。

③左・中・右の3マスが揃うと、1フロア完成です。左のコアラチームは13階まで完成。右のトラチームは10階です。

④ゲーム中に何度か、モンスター接近中という表示が出ます。モンスター表示と△マークのあるマス(写真では右のマス)にブロックを落としていくことで撃退することができます。

先に撃退したチームは、相手チームにモンスターを送り込んで邪魔をすることができます。

⑤邪魔をされているチーム画面。この画面が出ているあいだは、クイズに答えたりブロックを落としたりすることができません。すばやくタップすることで時間短縮が可能です。

⑥制限時間が終わると、結果発表になります。

失われたピラミッド

概要:2~6チームに分かれてのチーム対戦。話し合って答えを決めることができます


チームでピラミッドの頂上を目指します。チームで話し合ってから個人で意思決定。自信度も選ぶことができます。歯ごたえのある問題向け。

①まずはチーム分けをします。このモードでは、ランダムではなくどのチームに所属するかを選ぶことができますので、「生活班同士で同じチームを選ぶ」などと決めておくとよいでしょう。

②問題が表示されたら、チームで話し合いをしてから回答を選びましょう。話し合いの内容に関わらず、全員が投票することができます。どの選択肢に何人が投票したかも分かるようになっています。

③選択肢を選んだあとは、自信度を選びます。正解した時のポイントや、間違えたときのリスクが変わります。(問題が後半になってくると、3択になります)

④正解発表があり、正解不正解と自信度に応じてステップを上下します。

⑤頂上までたどり着いたチームが出たら、ゲーム終了です。

最後に

ここまで読んでくださりありがとうございました。今後も新しいゲームモードが加わり次第、追記していきたいと思います。

最後にお知らせをさせてください。レクリエーションに関する書籍・電子書籍を出版しています。

あそび×学級経営」の本を出版しました

「あそびで育てるクラスづくり」 明治図書出版

「どんなねらいをもってあそぶのか」「どのように学級経営につなげていくのか」という視点から選び抜いた約50のあそびと、クラスづくりへの生かし方を紹介しています。

Kindle本も出版しています

これらは、Amazon Kindle unlimitedに登録していると無料で読むことができます。

<30日無料体験で読む↓>
(30日以内に解約すれば完全無料です)




おススメ記事 ~安定した学級経営を目指そう~

教員こそオーディブル!読書で仕事も人生も豊かに!
【教員こそオーディブル!】読書で仕事も人生も豊かに!教育書もあります!
五色百人一首 徹底解説
明日からできる「五色百人一首」~導入方法、毎日の取り組み方など~
小学校教員におすすめの書籍5選!
小学校教員におすすめの書籍5選!~荒れない学級作りのために~
楽しみながら信頼関係を深める!協力型ゲーム5選
小学生におすすめの タイピング練習サイト5選
小学生におすすめのタイピング練習サイト5選!!
タイトルとURLをコピーしました